2016年01月18日

平年の2倍以上の恐れ!?今週は地域によっては豪雪になる模様


Photo credit: ftomiz via Visual hunt / CC BY

※イメージ画像です。

日本海側はかなり注意が必要ですね。
すでにあちこち事故が発生しているようです。

NHKニュースの伝えるところによりますと、今週から強い寒気が流れ込み続けるため、東日本や西日本では気温が平年よりかなり低く、日本海側では降雪量が平年より2倍前後多くなるおそれあり、気象庁は各地に「異常天候早期警戒情報」を発表して低温や大雪に注意を呼びかけている、とのことです。

さらに記事によりますと、
来週以降は強い冬型の気圧配置が続くため、19日の火曜日からは北日本から西日本のほぼ全域が、上空1500メートル付近で氷点下6度以下の強い寒気に覆われる状態が続くと予想されています。
このため、東日本と西日本、それに沖縄・奄美では19日ごろからの1週間の平均気温が、平年よりもおおむね2度以上低くなる確率が高くなっています。

(※1/15の記事なので、来週となってますが、今週のことですね。)

近畿北部では19日ごろからの1週間の降雪量が2.4倍以上になるおそれがあるんだとか。
気温が下がるといろんなところに影響が出るので注意が必要です。

今週は、山間部で作業される方、山間部を移動される方、山間部でお住まいの方はこまめに気象・防災情報をチェックして、災害に巻き込まれないようにしましょう。
無用な外出をしなくてよいように、食品のストックなどしておいたほうがよいかもですね。

今年はエルニーニョ現象の影響で暖冬と言われますが、雪が降る地域では上記のような豪雪になることが多いようなので、これから2ヶ月ほど、注意が必要です。

弊社のある堺市は、比較的温暖で大阪市内で雪が降っていても、雪がふらないようなところですが、ひょっとしたら雪が降るかもです。

雪道になったら、転倒に気をつけねば...なんせ慣れてないので^^;

【関連記事】

これは生で見てみたい!空中で球体になる雷『球電』

試される大阪民!...ダイドードリンコ、自販機に無料傘設置(2015)

NASAがお墨付きを出しちゃった...今年のエルニーニョがヤバいかも...な件(2015)



(株)ケイエフのスーパーセーブロープ





posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック