2016年02月26日

ルール違反の代償は大きいな...産廃埋め立てた土地売却で土木業者らに損害賠償1億円 山梨


Photo credit: danielcox via Visualhunt / CC BY-ND

※イメージ画像です。

景気が上向かないこのご時勢に1億の損害賠償はキツいですね...企業としての責任をちゃんと果たしましょう。

毎日新聞の伝えるところによりますと、県土地開発公社が分譲した市川三郷町の工業団地の予定地から大量の産業廃棄物が見つかり、公社が土地の購入元業者などを相手取り、撤去費用などの損害賠償を求めた訴訟で、甲府地裁は23日、被告らに計約1億円の支払いを命じる判決を言い渡した、とのことです。

なかなか、ひどい案件ですね、記事の説明を引用させて頂くと、
公社が訴えていたのは、いずれも市川三郷町の元水道業者と土木業者。判決では、予定地の所有者だった元水道業者は不要な水道管などを予定地に埋め立て、同公社に知らせず売却。土木業者が予定地を造成する際、別に請け負った工場解体で出た木片やタイルなどを埋め立てた、とした。


元水道業者もひどいですが、不要な水道管を埋めた上に、造成する業者も別現場の産廃を埋める、と。
このふたつの業者はお友達ですかね??

無許可で産廃を埋め立てたりすると、土壌汚染が進む可能性があり、その土地から重金属などの有害物質が漏れかねないので、造成にあたる企業さんはこの部分を考えないとダメですね。

景気がなかなか上向かない中で、この損害賠償は企業としては大きな痛手ではないでしょうか?
リスクマネジメントをしっかりやらないと余計な出費になるので、組織内でのマネジメントは大事ですね。

【関連記事】

年の瀬に...県がのり面工事の落札決定を保留 三重県(2015)

建築関係者オンリーのコミュニティ『建築士ドットコム』なるSNSがある、らしい。(2015)

まだまだ色々出るんですかね...傾斜マンション問題、土木のほうでも偽装発覚(2015)

これは深刻だ...人材不足の復興工事、82歳の土木OB採用 福島(2015)

とある地域の工事現場から出てきた巨石、斜め上からの理由で話題。(2015)

やっぱ、濃いいわ!^^; 土木建築系総合カルチャーマガジン『Bue's Magazine』なるフリーマガジンがある、らしい。(2015)



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 08:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック