2016年03月28日

【愛知限定アプリ】これは期待!シカの出没可能性地域をマップ表示『やるシカない!』まもなくローンチ!


Photo credit: Nemo's great uncle via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

これは一度使ってみたいですね。無料で公開予定らしいですよ(^^)

朝日新聞digitalの伝えるところによりますと、愛知県森林・林業技術センター(新城市)などが共同で、ニホンジカが出現する可能性が高い場所が一目でわかるソフト『やるシカない!』を開発した、とのことです。

記事によると、スマートフォンなどで情報を確認し、最新のデータへの更新もでき、効果的な駆除に役立ててもらうのが目的、広く利用してもらうため、アプリとして無料配信する予定で、新年度の早い時期の運用を目指している、そうです。

データの元になっているのは、同センターが2013年秋からシカに、GPS機能が付いた首輪を装着させ、行動範囲などを追跡調査していたものだそうなので、かなり元データの信ぴょう性は高いですね。

しかも、同データを元にしたシカ出現ハザードマップに目撃情報300件を落とし込んだところ、出現予測と実態がほぼ一致したそうです。これはかなり期待ですね。

これは愛知県のデータなんでしょうけど、このデータからシカという生き物の行動習性みたいなものは見えないんでしょうか?それだと、色んなところで使えそうなんですけど。^^;

同地域にお住まいで、シカの食害等に悩んでる方はこまめにチェックしてみてはどうでしょ?
『やるシカない!』というアプリ。
名前はこれで決定なんですかね?^^;

法面のシカ・イノシシ侵入防止には、全国で使える”もどるシカない!”シカ矢来をどうぞ。(^^)

【関連記事】

視点が違うと見方が変わる...「富士山『動物交通事故死』マップ

電車受難のニュース2件

全身血まみれ!?...愛媛県で獣に数か所噛まれた遺体が発見された、件

捕獲4倍でも過去最高被害...金沢のイノシシ被害が深刻


(株)ケイエフの法面のシカ・イノシシ侵入防止資材 シカ矢来/></a>
<p>
弊社が事務局を務めます、セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!
</p>

<a href=
セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック