2016年04月06日

目標は全プロセスを3Dデータで...国交省 ICT土工を新年度から全面的に実施



※画像は、日経アーキテクチャよりキャプチャさせて頂きました。

国交省が、ICT土工を新年度から全面的に実施するとして、 新たに導入する15の基準及び積算基準について、というプレスリリースを発表しています。

そもそも”ICT土木”ってなんぞや?ということですが、昨年の日経アーキテクチャに今回の発表にかかる記事があります。

記事によりますと、「建設現場の生産性向上に向けて、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおいて、情報化を前提とした新基準を来年度より導入する」、これを『i-Construction』と名付け、情報通信技術を駆使した土木、ということでITC土木と言うようですね。

詳細は国交省のプレスリリース(PDFファイル)あるいは、先の日経アーキテクチャの記事を参照して頂ければよいかと思いますが、今回、改訂または新設された内容は、

<調査・測量、設計>
  [1] UAVを用いた公共測量マニュアル(案)【新規】
  [2] 電子納品要領(工事及び設計)【改訂】
  [3] 3次元設計データ交換標準(同運用ガイドラインを含む)【新規】
<施工>
  [4] ICTの全面的な活用(ICT土工)の推進に関する実施方針【新規】
  [5] 土木工事施工管理基準(案)(出来形管理基準及び規格値)【改訂】
  [6] 土木工事数量算出要領(案)【改訂】
      (施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案)【新規】を含む)
  [7] 土木工事共通仕様書 施工管理関係書類(帳票:出来形合否判定総括表)【新規】
  [8] 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)【新規】
  [9] レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)【新規】
<検査>
  [10] 地方整備局土木工事検査技術基準(案)【改訂】
  [11] 既済部分検査技術基準(案)及び同解説【改訂】
  [12] 部分払における出来高取扱方法(案)【改訂】
  [13] 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)【新規】
  [14] レーザースキャナーを用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)【新規】
  [15] 工事成績評定要領の運用について【改訂】

2.ICT土工の活用に必要な経費を計上するための新たな積算基準と発注方式は、以下のとおりです。
<積算基準>
  ・ ICT活用工事積算要領【新規】
<発注方式>
  ・ 規模の大きい企業を対象とする工事では、ICT活用施工を標準化
  ・ 地域企業を対象とする工事では、「手上げ方式」(施工者からの提案)を基本
  ・ 測量においても「発注者指定方式」と「手上げ方式」を活用、設計は「発注者指定方式」を活用

となっているようです。

デジタル化出来るものはどんどんデジタル化したほうが、データのやり取りするのはとても楽になるのでよいですが、ハード、ソフトのバージョンアップに中小零細企業は結構大変かもですね。

そういう部分を補助してくれる施策はあるんでしょうか...設計とか、CADソフトとか結構なお値段しますしね...

手続き等をオンラインで出来るようになるのはよいのですが、セキュリティ云々という話にもなってくるので痛し痒しのところはあるかと思います。

詳細は記事と国交省のパンフでどうぞ。

【関連記事】

もうすぐ春だし...国交省 ダムマニアのための『ダムコレクション』開設

空き家問題解決の光か!?空き家を公営住宅化 国土交通省

進んでいたのか...埋設電線をより浅く、規制緩和 無電柱化推進 国交省

レアなツアーが見つかるかも!?...国交省、現場見学会・ツアーの情報を集約したポータル『インフラツーリズムポータルサイト』開設



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!


弊社が事務局を務めます、セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!


セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!





posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック