2016年04月14日

建築材料の地産地消・・・砂と細菌から生成されるバイオミミクリー志向の「エコレンガ」




強度や耐久性がどんなものになるか、今後の開発に期待ですね。

FUTURUSの伝えるところによりますと、現在アメリカでは、持続可能性の高い建築材料へのニーズが、年々増加傾向にあり、そんな中で、ノースカロライナ州を拠点とするスタートアップ『bioMASON』が、サ従来の焼成によらず、細菌と砂からレンガを生成することに成功した、そうです。

レンガの造成には、原材料である粘土を高温で焼成する工程で、およそ8億トンもの二酸化炭素を排出、アジア地域だけで、1年間に1.2兆個も生産されているようです。

この新しいレンガは、サンゴの生物学的機能を模倣し、砂を型に入れ、細菌を注入し、細菌の養分となるカルシウムイオンが含まれた水を与えると、結晶化がすすみ、5日程度で、十分な強度を持つレンガが生成できる、んだそうです。

環境に負荷をかけないだけでなく、水やカルシウムイオンなど、このレンガの生成に必要なものは、場所を選ばず、どこでも調達できるため、“建築材料の地産地消”が実現できる、と記事は続けています。

建築・土木で使用する部材は重量物が多いため、輸送するだけで結構なコストも時間もCo2排出も発生することになりますが、現地で部材を製造でき、それなりの強度が得られる材料となるなら、とても期待ですね。

ただ、日本でレンガってどこで使われてるのでしょうか??^^;
ピザのかまどぐらいしか思い当たらなのですが...

材質的には、レンガだけでなくほかの土木系材料にも使えそうなので、今後に期待です。

【関連記事】

これはすごい!新形状記憶素材『スーパーポリマー』が見せる未来のチカラ

土壌菌とかも培養できるかしら...10万弱で誰でも細胞培養できる『Amino One』予約受付中。

安全性が確認されれば...除染で出た土を建設資材に 環境省がモデル事業

未来やねぇ...欧州宇宙機関の月面建設計画『Moon Village』がすごい件


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!


弊社が事務局を務めます、セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!


セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!


ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!




posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック