2016年05月12日

街頭テレビの復活に繋がる?^^;...産総研、360度どこから見ても画が正面に見えるディスプレイを開発




動画が映し出せるようになると、柱ディスプレイが捗りますね。^^;

PC Watchの伝えるところによりますと、産業技術総合研究所(産総研)が、360度どの角度から見ても、静止画像を観測者の正面に表示するディスプレイのプロトタイプを開発したと発表した、そうです。

百聞は一見にしかず。動画をどうぞ。20秒ほどです。


さらに、イメージ的には、こっちのほうが解りやすい。
仕組みの解説もあります。1分少々です。



将来的には動画も流せるディスプレイにしたい、ということなので、昔懐かしい街頭テレビみたいなのが安上がりでできちゃうかもですね。^^;

個人的には、見る角度によって違う画像が出てくるほうが面白いですけど...^^;

【関連記事】

老朽化構造物の補修優先順位付けにも...音で崩落の予兆検知、八戸工大准教授が開発

完成したら災害時も安心!...水不要で電気も生み出すトイレを英クランフィールド大学、開発中

【イベント】防犯防災総合展 in kansai 2016 事前受付開始

新サービス誕生か!?3Dプリンターで印刷しながら輸送、完成品をお届けできるか?

これはすごい!新形状記憶素材『スーパーポリマー』が見せる未来のチカラ

曲げ具合をアプリで感知!?...曲げれるスマホ、5年以内に登場か!?

爆発するんじゃ...5分でスマホを満充電できるバッテリー『ASAP Dash』が資金調達中

これはすごい!技術の日産のパーキングシステムを利用した自動椅子整列システム





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!


弊社が事務局を務めます、セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!


セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!





posted by ケイエフ at 13:01| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック