2016年05月12日

地震と雨の影響ぽろぽろ...大山町で斜面大規模崩落 落石も確認、市道通行止め


Photo credit: gjshepherd_br via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

あちこち影響出てますね...今週前半は雨もきつかったですし...

西日本新聞の伝えるところによりますと、大分県日田市大山町の大山ダム下流域の山林2カ所で、長さ数百メートルに及ぶ大規模な落石や倒木による斜面崩落が起きていることが分かった、とのことです。一連の熊本地震の影響とみられ、一部は市道に及んだことから市は全面通行止めにして警戒している、と記事は続けています。

被害の状況的には、
現場は2カ所とも同町を流れる赤石川沿いの山林で、大山ダムから約1キロと約1・4キロ下流域にある。約1キロの地点は西峰スポーツ公園の対岸で、2筋にわたって崩落。長さ200〜300メートル、幅は2筋合わせて50メートル前後とみられる。

だそうで、周りには工場等があることから注意が必要ですね。

さらに、yomiuri on-lineによりますと、阿蘇大橋の崩落現場の西側斜面でも崩落を確認、と伝えています。

さらに、さらに、朝日新聞digitalによりますと、10日、肥後線では線路に土砂が流入し、運転を見合わせた、と伝えています。

また、同じ西日本新聞の記事で、熊本の動植物園では液状化現象が起こっており、一年以上は再開が難しいという記事もあり、改めて熊本地震の被害のすごさが解りますね...

今週前半は、結構な雨になったこともあり、土砂災害が今後も発生する可能性があります。
現地の皆様、山間部および近隣で作業される際は、地域の防災情報や気象情報に十分注意しましょう。

【関連記事】

ここ数日雨なので、注意ですね...ブレーキ間に合わず列車が倒木に衝突、乗客の高校生けが

GW前半終了...連休中に気になったニュース その1

斜面ならセーフティークライマーを!..阿蘇大橋崩落現場で無人の重機が土砂を撤去

お住まい地域の地盤をチェック!『揺れやすい地盤』


(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!


弊社が事務局を務めます、セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!


セーフティークライマー協会と楽石研究会でEE東北'16に出店します!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!





posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック