2016年07月11日

あと2棟、大丈夫でしょうか...先月崩落した民家の隣、床下一部崩落 長崎




時間の問題ではないかとは思っていましたが、かなり危険になってきましたね。

日テレNEWS24の伝えるところによりますと、先月、土砂崩れで住宅が崩れ落ちた長崎市御船蔵町で6日朝、その隣の空き家の土台の一部が新たに崩れ落ちた、とのことです。

記事に映像がありますが、先週末も九州地方は広く雨が降っていたのでかなり危険ですね。
このニュースは先週の水曜日の出来事なので、現在はどうなんでしょうか?

あと、同じ並びに今回の民家含め2軒並んでるわけで、地盤もかなり緩んでるわけで...さらには、その下に民家がまだ3軒ほどあるわけです...

今日も九州は雨模様のようなので、気になるところです。

怖いですね...

【関連記事】

島根も雨の影響で...大田市で土砂流入 住宅3棟

これは酷い...基礎が崩れていた住宅、完全崩落の瞬間

民家の基礎部分の石垣崩落ほか、九州で大雨による被害多発

西日本、土砂災害多発...依然警戒必要



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!


建設資材展






posted by ケイエフ at 08:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック