2016年08月10日

新たなエネルギー源となるか!?高速道路沿いで除草した草などでバイオマス発電


Photo credit: lowspeed13 via Visual Hunt / CC BY-NC

※イメージ画像

なるほど...サービスエリアに銭湯とか併設するといいかも^^;。

日本経済新聞の伝えるところによりますと、東日本高速道路会社は、除草作業などで発生する草木を使って発電し、サービスエリア(SA)へ電力を供給する取り組みを始めた、とのことです。

詳細が解らないですが、新設道路の縮小で堆肥化やチップ化が減ったことによる、使いみちという感じのようですね。

豪雪地帯だと、道路の融雪用によさそうな気もしますが...費用対効果が気になるところです。
ま、電気が作れたら何かと使いみちはありますしね。
サービスエリアの電気代をまるっとカバーできるぐらいの電力が作れたら、光熱費を安く上げることができてよいかも。そんなに作れるのかな??

同社によると、水分の多い刈り草を使ったバイオマス(生物資源)発電の実用化は、国内初となる、と記事は続けています。

効果のほどが気になるところです。


【関連記事】

山間部の電波状況が向上する!ICT土木研究公募で工学院大学の無線技術に関する研究が採択

九州の高速道路3日間乗り放題!...国交省の九州応援企画、詳細発表

夏休みは九州へ!政府が「九州観光支援プラン」大キャンペーン実施へ

建築材料の地産地消・・・砂と細菌から生成されるバイオミミクリー志向の「エコレンガ」


(株)ケイエフの法面緑化工法 植物誘導吹付け工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 08:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック