2016年08月18日

131回使わないとエコじゃない...エコバッグの衝撃的事実


Photo credit: odysseygate via VisualHunt / CC BY-SA

※イメージ画像です。

へぇ...知らなんだ。
エコバッグは意外とエコじゃない、という話を秒刊サンデーで記載されてますが、これがなかなか意外です。

記事によりますと、
最近、アメリカロサンゼルスではスーパーのレジ袋の使用を禁止する地区が多くなってきている。しかし、専門家によると、レジ袋に変わる代価品としての紙バックやエコバックが実は環境的にもコスト的にもあまりエコでないと指摘されているのだ。

これはよく知られていることだが、エコバックは基本的に100回以上使用しないと、レジ袋以上の環境的なメリットがでないといわれている。ポリエチレン製の袋なら4回以上、ポリプロピレン製の袋なら11回以上、布製のエコバックにいたっては131回以上使用しないとエコにならないという研究結果がイギリスの環境局より発表になっている。


( ̄□ ̄;)ナント!!...そんなに使わないとダメなのか...ついつい忘れちゃいますよね。^^;

さらに記事には衝撃的な事実も...
主要なエコバックの生産、販売しているメーカーは微生物によって分解可能な生分解性の布やプラスチック、バイオプラスチックと呼ばれる自然由来の材料を使用しているが、その他の材料に関して、全くエコでない材料を使用している場合がある、とレジ袋メーカーの代表が指摘する。


じゃあ、環境にやさしくないやん┐(´д`)┌ヤレヤレ。
あくまでも、そういう素材を使用してる場合もある、とのことですが。

その他、紙バッグはリサクル可能だが、元々木を切り倒して作っているのでエコではない、とか、アメリカの大手スーパーで販売されてるエコバッグのほとんどはアジアで生産された、輸入されているなど、なかなか考えさせられる内容が記載されています。

あんまり真剣に考えると、ストレスになるのでほどほどでよいかと思いますが、よく問題になっている、動物が誤って食べて死んじゃう、みたいなのが一番ツラいので少なくともプラスチック製の袋や包装紙、買い物袋をポイ捨てしたりしないようにしたいところです。

この問題、なんかいい方法ないですかね?


【関連記事】

相乗作用とかはないのかな?...除染土、全国の道路や防潮堤で再利用

温暖化はやっぱダメかも...インドで家畜ラクダ暴走、飼い主を襲撃

建築材料の地産地消・・・砂と細菌から生成されるバイオミミクリー志向の「エコレンガ」

笑いが砂漠を緑化!...するかも...『Warota Planter』なるものが話題。



(株)ケイエフのEG植栽パック(集水保水型植栽袋)



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







ラベル:環境 エコバッグ
posted by ケイエフ at 08:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック