2016年08月23日

作業者の安全確保、無視!?...足場に大人数乗り崩落 元請など2社送検


Photo credit: tmiha38 via VisualHunt.com / CC BY-NC

※イメージ画像です。

守ってあげないと...

労働新聞社の伝えるところによりますと、大阪・淀川労働基準監督署が、足場の最大積載荷重を定めなかったとして、元請の建設塗装工業梶i東京都千代田区)と同社工事監理者を労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)違反の容疑で大阪地検に書類送検した、とのことです。

記事によると、同案件は、平成27年12月、大阪府淀川区内の橋梁塗装修繕工事現場で、吊り足場が崩落して労働者9人がケガをする労働災害が発生したものだそうです。

弊社でも、この7月までにロープ高所作業特別教育 出張講習を行って参りましたが、世の中の流れとしては、高所作業される方の法律が改正されており、労働災害を少しでも低減する方向で進んでおります。

ロープ高所作業に関する法律改正も昨年末当りから告知されているので、ちょうどその時期にあった事故なんでしょうね。

現場での指揮権を持つ方は、実作業される方の安全を十分確保して頂きたいものです。
これでは業界の人材不足に歯止めをかけることはできないでしょうから。

のり面作業者の安全確保には、あんえいネットをどうぞ!

【関連記事】

ロープ高所作業教育、受けてるか!?...中国の竹足場がエクストリームな組み方な件

業界関係者必見、オンライン博覧会『ドボ博』新装オープン

くれぐれもご注意ください...ポケモンGoで事故る人々

病院前の工事現場のおじさんによる、ある行動がすばらしい、件




(株)ケイエフの安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック