2016年09月02日

災害発生時に、二次災害防止にも、『帰らない』という選択肢


Photo credit: teemus via Visual hunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。


人が動けば、二次災害リスク率も上がる。なので、この考え方は大ありだと思います。

毎日新聞に『「帰宅しない」想定し訓練』という記事があります。

記事によりますと、首都直下地震で交通網がまひし、最大約800万人生まれると推定される帰宅困難者について、無理に帰宅しようとして2次被害に巻き込まれるリスクを減らそうと、防災の専門家が「普段から『帰宅しない訓練』をしておくべきだ」と呼びかけている、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、政府も2015年2月に帰宅困難者を一時的に受け入れる施設の確保と運営に関する指針を改定して対応しているようですが、けが人が出た場合やその他色んな事業者責任の問題等があり、難航する部分もあるようです。

どこかホテルのような、個室を有料でも確保できればよいですが、そんな数もないでしょうし、ヘタに動いて余震があったり、事故にあったりすることを考えれば、じっとしてるほうが色んな副次的な災害も少なくてよいような気もします。

既婚で家に残してきた家族が心配というケースがほとんどでしょうが、その当りは普段からしっかり話し合って、状況によっては事態が落ち着くまで帰らない、という方向で話し合ってみることも必要ではないかと思います。

昨日9月1日は防災の日だったわけで、これを機に週末にでも家族と災害発生時にどうするか、話し合ってみる必要があるかもしれませんね。

【関連記事】

ついに防災予報アプリにポイント付きが!日本気象協会『わが家の防災ナビ』アプリ

防犯防災総合展 in kansai2016に行ってきました その2

防犯防災総合展 in kansai2016に行ってきました その1

6月は土砂災害防止月間 国交省と都道府県が「土砂災害・全国防災訓練」を実施 約60万人が参加見込み



(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック