2016年09月20日

1600年分の災害を地図上で俯瞰できる、『災害年表マップ』NIED




これはちょっと遊べそう...いやいや、遊んじゃダメなんですけど^^;

internetwatchの伝えるところによりますと、国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)は、日本全国で過去に発生した自然災害の事例を地図上で調べられるウェブアプリケーション「災害年表マップ」を公開した、とのことです。

記事によりますと、416年から2013年まで約1600年分・約5万レコードの地震災害や火山災害、風水害、斜面災害、雪氷災害の情報を収録したデータベースを視覚化ものだそうです。

地図上に表示されるアイコンは、「地震災害」「火山災害」「風水害」「斜面災害」「雪氷災害」「その他気象災害」の6種類で、それぞれをクリックするとどんな災害があったか、詳細情報がポップアップで表示でき、ポップアップ内の”事例カルテ”というボタンをクリックすると、PDFファイルでその詳細情報をダウンロードすることも可能らしい。
すごい...

これらのデータを人力で手入力しているというから、すごいですね^^;

左上のスライダーで1年毎または10年ごとで年代を動かしていけますが、弊社のある堺市、ウルトラ平和でした^^;。
ほとんど災害がない...台風を除けば。

あと、やはり日本は台風による水害が多いですね。(T_T)
水色の水玉が全国レベルで表示される年は大概台風による水害のようです。

ご自身が住んでいる地域が過去、どれくらいの頻度で、どんな内容の災害が多いのかを把握すると今後の対策に活かせるので、いろいろイジってみてはどうですかね?

最近は地方に移住を検討する人もいらっしゃるようなので、検討するためのツールとしても活用できそうです。
不動産屋さんは場合によっては涙目となるかも...^^;


【関連記事】

地理情報を重ね解りやすく、「土砂災害警戒判定メッシュ情報」気象庁

再確認しておこう...公衆電話設置場所・使い方

視点が違うと見方が変わる...「富士山『動物交通事故死』マップ

お住まい地域の地盤をチェック!『揺れやすい地盤』


(株)ケイエフの18mm繊維ロープ2本使い作業者のための傾斜面ロリップ。



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 09:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック