2016年10月17日

何が違う!?そう、耐久性が違う!...豪大学で超撥水コーティング技術が開発される。




ほぉ...そんなに安価で出来るんですかね?

Futurusの伝えるところによりますと、オーストラリア国立大学の研究チームが水をまったくよせつけない超撥水のコーティングで、耐久性のある安価なものを開発したそうです。

まずは動画をどうぞ。80秒ちょいの映像です。



記事によると、すでに市場には超破水コーティング商品は数あれど、耐久性に乏しく何度も塗り直さないとダメなものが多い中、今回開発された技術だと透明なコーティングによって、非常に繊細なナノ粒子を固定できる、んだそうです。

その耐久性の秘密は、
タフなものと柔軟なもの、2種類のプラスティックを結合させることができたからだという。「別の素材から作られた2種類のプラスティックが、漁網のようにお互いに織り交ぜられているのです」

と記事は伝えています。

元の素材を傷めないなら、色んなところに使えそうですね。
記事ではこれが市場に出て普及すれば車のワイパーがいらなくなるんじゃないか、と伝えていますが...

どれくらい安価なものか気になるところですが、最近日本では大雨による浸水で家具なんかが使い物にならなくなったりするので、安く塗装できるならコーティングしておくといいかもしれません。

無論、スマホをまるっとコーティングしておけば防水仕様のできあがりですね。
そんなことしていいのか、どうか知りませんが^^;

あと、弊社の関係するのり面工事においても構造物の劣化を防げるのでよいのではないでしょうか?
まだ研究段階なので、今後の経過が気になるところです。

【関連記事】

やっぱすごい...アノ超防水スプレーを車に吹き付けて、生コンを流してみた映像

空気抵抗がいかに大きいかが判る、チャリンコレース映像

未来や!...豪州の新5ドル札がハイテクしまくって、かっこいい件





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 13:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック