2016年10月14日

これは嬉しいかも...乗車前に料金が決定するタクシーサービスの実験がはじまる、国交省


Photo credit: Kuruman via Visualhunt.com / CC BY

※イメージ画像です。

これが実用化されたら、利用しやすいかも...

かみあぷで紹介されていたのですが、国土交通省がスマホアプリを利用して、タクシーの乗車前に運賃を確定させた上で迎えに来てもらうサービスの実証実験を開始する、とのことです。

どういう仕組か、記事の説明を引用させて頂くと、
今回の国土交通省の実験ではGPSや過去の渋滞情報などを元に予め料金を確定、運賃を明示することで初めて訪れる観光地などでも安心して乗車できるようにし、タクシーの利用客の増加を目指す試みです。
(中略)
料金の算出は現在位置から目的地をGPSで測量、過去の渋滞情報などを加味して計算されるようです。
実証実験は東京などで実施予定で、実際に乗車した際のメーター料金と比べ、安い方を選べる方式も検討する...

というものだそうです。

あんまりタクシーを利用しないのでよく解らないのですが、これって配車依頼して迎えに来てもらう場合って、迎えに来てもらう距離も料金に入っちゃうんですかね?

あと、ロータリーで待ってるタクシーでもこのシステムって利用できるようになるんでしょうか?
その場合は、ドライバーさんにどこそこまでですが、いくら?って聞いてから乗ることになるんですかね?^^;
それはそれでちょっとこっ恥ずかしいかも。

記事によると、首都圏での実験を想定しているということ以外は時期もなにも決まってそうにないので、今後の動向が気になるところです。

うまく行けば全国展開という話のようです。

【関連記事】

【乞食速報】嵐の予感^^;...SB、スマホユーザー限定キャンペーン『Super Friday』開始

ポートが多ければ、マイチャリ不要か!?...ドコモの『赤チャリ』がいい感じ

むしろローカルの老舗の銭湯組合とかがやればいいのに...月額980円で好きな温泉に入れる『baspo』





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック