2016年10月20日

これは期待!Googleサイエンスフェア大賞を取った16歳インドガール発案の高吸水性ポリマー


Photo credit: kztk via Visual Hunt / CC BY

※イメージ画像です。

すごいな...これって砂漠拡大も防止できる??

IRORIOの伝えるところによりますと、干ばつに対抗する画期的な発明をした16才の少女が、Google サイエンスフェアの大賞を受賞した、とのことです。

記事によりますと、
現在手に入る高吸水性ポリマーには有害な化学物質が多量に含まれており、自然に分解しないので土中にそれが残ってしまうという問題がある。
(中略)
自然の中には吸水性の高いポリマー(重合体)が沢山ある。特にオレンジの中にはそれが多く、オレンジの皮の64%は高吸水性のポリマーだという。

それを粉末状の合成素材に仕上げるには、通常ならば硫黄や塩酸など科学薬品を使った処理が必要だが、彼女はそれをしなかった。様々な実験をくり返し、試行錯誤の末、紫外線と熱とアボカドオイルでそれをやってのけたとのこと。


どうやってここに行き着いたのか、そこが彼女のすごいところだと思うのですが、オレンジの皮が原料ならほとんど原材料費もかからず、自然に分解するなら環境に与える影響も少なく、一石二鳥です。

脳みそが若いとこういうことのなせる技なんですかね^^;
早く市場に出てきてくれることを期待したいです。


【関連記事】

高校の文化祭...やんな??...高槻高校文化祭、電気物理研究部のテスラコイルを使った演奏がすごい

未来や!...豪州の新5ドル札がハイテクしまくって、かっこいい件

おっさんホイホイ...科学特捜隊の流星バッチ型通信アイテム、マジ発売


(株)ケイエフのコスト補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック