2016年10月26日

やっぱ関係あるんでしょうか?...巨大地震は大潮の日とリンク?東大研究チーム


Photo credit: WarzauWynn via VisualHunt / CC BY-NC

※イメージ画像です。

やっぱ月の引力とか色々関係あるんですかね?

産経ニュースの伝えるところによりますと、1万以上のデータを検証した結果、マグニチュード8.2以上の巨大地震12例のうち9例は、地球潮汐が最大となる大潮の日だったという東大チームによる研究結果が発表された、そうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、興味深いのは、
月の潮汐力は、ある程度の運動を地球の地殻に引き起こせるほどの力をもっている(「地球潮汐」とよばれる現象で、地表面は1日2回、20cm程度の上下変動を繰り返している。地震が発生する地下数十kmにも影響し、断層には数十〜数百ヘクトパスカルの力が加わるという)。

らしいです。

ただ、この研究では、このパターンには統計的有意性が欠けている、ようで
「残念ながら、このパターンを完全に明確にするには、さらに何百年分かのデータが必要になるかもしれません」

とコメントされています。

以前、どこかのテレビで地震学者の方が、地震予知は無理と断言していましたが、統計的に兆候的なものを捉えようとするにはサンプルが少なすぎる、ということなんですかね?

色んな方法で事前に地震を察知する試みがなされていますが、もしなんらかの方法で事前に察知できればそれに越したことはありません。

ほんの1時間でも前に判れば、どうにか命だけは守れそうですし。
ただ、こればかりは自然のなせる技なので難しいですね。^^;

【関連記事】

鳥取地震2016 被害状況・支援状況をtwitterのモーメントでまとめてみた。

お住まい地域の地盤をチェック!『揺れやすい地盤』

已む無しか、でもツラい...地震保険がまた来年1月からアップ

やっぱ電子レベルで兆候あり??...電離圏の電子数の変化で巨大地震を1時間前に検知 京大

フリーザ様かよ!?...直径500kmの隕石が直撃するとどうなるか、のシュミレーションCG



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 09:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック