2016年11月24日

保険適応してほしい!足首骨折したときのハンズフリー松葉杖【iWalk2.0】




ネーミングが某お隣の大国製っぽいですが、こんなのがあるんですね。^^;

engadget 日本版で紹介されていたハンズフリー松葉杖『iWalk2.0』がかなり良さげですね。

主に足首以下を骨折したときに装着して使う、松葉杖の代替品なのですが動画で詳しく解説されているので動画をどうぞ。

9分少々ありますが、実際に骨折した人が体験談を含めて解説してくれてるので、とても良くわかります。



でも、お高いんでしょう?...はい、お高いです^^;。2万5千円ほどします。
しかし、Amazonで買えるのと、松葉杖から開放されるというのは大きなメリットです。
(いや、別に取扱店からお金もらってるわけじゃないんですけどね^^;)

実は筆者も10数年前に足首にヒビが入ったことがあり、ギプスはしなかったのですが、固定具のようなものを付けて、松葉杖生活を強いられたことがあります。

しかし、使ってみた方はわかると思いますが松葉杖って結構しんどい(T_T)。そして、なにより両手が使えない、でかすぎて邪魔、階段はもはや拷問とすら思えてきます。(T_T)

慣れないことをするのでヘンナところにチカラが入り、足が治った後もヘンナところに筋肉が付いて気持ち悪いし...
これなら、慣れれば普通の歩行と変わらないんじゃないですかね。

ちなみに、"i"とか"2.0"とかネーミングについてますが、無線LANとかUSBとかBluetoothが搭載されてるわけでもなんでもないようです^^;。

あと、Amazonの説明ページにこれを付けてゴルフしてるおっさんの画像がありますが、怪我してるんだから、家で安静にしてろよ、と突っ込みたくなってしまいました^^;。

もしもの時のために、こういう商品がネット注文で買えることを覚えておくとよいのではないかと思います。
こういうの、保険適応してほしいですよねぇ...

【関連記事】

年間の水道料を3万円近く節約できる、北欧生まれの『Altered:Nozzle』

使い方注意の有能な災害対策グッズ...2300ルーメンの懐中電灯『Flash touch mini』、発売、ただし米国で

中二心を刺激される!...映画『シン・ゴジラ』に登場した”巨災対”ロゴ入りツールボックスが発売

これは実用的だ!アームのついたドローン登場、10kgの荷物を運べる。

【コンセプトデザイン】被災地にあるといいかも!折りたたみ式バスタブ






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック