2016年11月30日

知ってました、これ?...自然災害発生時に覚えておきたい防災対策2つ




先週の福島県沖地震でまたまた津波に恐怖した日本ですが、そんな折にネットに上がってた防災対策情報を2つご紹介しておきます。

まず、ひとつ目は『#beOrenge(ハッシュビーオレンジ)』。

これ、知ってました?IRORIOで紹介されていたのですが、一般社団法人 防災ガールと日本財団が主催して行われてるプロジェクトなんだそうで、
「もしも海辺でオレンジフラッグを見たら、地震と津波が発生した合図」だそうです。

と記事は伝えています。

海で目立つオレンジ色のフラッグを津波避難ビルやタワーに掲げ、海にいる人や観光客に警告を知らせ、避難行動できるようにしようというもの、なんだそうです。

なるほど、夏場に海水浴とかで海にいたら津波が押し寄せてきていても解らないですもんね。
覚えておきましょう。

ちなみに1mの津波の破壊力は、こんな感じらしいです。




2つ目は、クレイジーで紹介されていた、もしもの際のために、事前準備しておいたほうがよいライフハックです。
それがこちら。




確かに...これなら、子供とはぐれてもどこの誰だか解るし、怪我しててもすぐに救急対応できますね。




デジタル機器は確かに電池切れしたら、ただの鉄クズ化状態ですからね。
ま、イマドキ、ひとの集まるところなら誰かしら予備充電池持ってるでしょうけど...地方だと厳しいかも。アナログが一番ですね。




緊急避難用バッグに、スマホ用防水ジップロックみたいなの付けて、そん中にこれらの情報を書いた紙とか入れておくといいかもしれません。

障害を持った方とか、子供とか、高齢者なんかは事前にこれらの対策をしておくとよいでしょう。
勿論、健常者であってもやっておくに越したことはないと思いますが。

【関連記事】

これはお役立ち!元自衛隊員による、有事の際にサバイバル袋に入れるもの

已む無しか、でもツラい...地震保険がまた来年1月からアップ

お互い気付かされる視点...聴覚障害の女性漫画家、災害時支援の10分アニメ公開

うまい!...サンドアートで土砂災害警戒アピール 神戸市

【防災アプリ】緊急時、家族の居場所が瞬時に判る!防災無料アプリ『familoca』



(株)ケイエフ 色粉、各種取り扱っております。



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 08:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック