2016年12月01日

コスト減、労力減につながる....気象ビックデータの活用


Photo via Visualhunt

※イメージ画像です。

いよいよビッグデータが本格的に色んな業界で活用されていくんでしょうか。

jiji.com
で気象ビッグデータの活用について、建設業や農業での事例が紹介されています。
詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、うまく使えば作業の効率化やコストカットに貢献しそうな内容になっています。

記事にある下記のインタビューコメントが印象的でした。
「詳細予報は有料でも、コンクリートのキャンセル料より安い」と指摘。安全に関わる雷や最大瞬間風速、熱中症リスクなどの情報も得られるとして、「うまく使えばリスクを回避でき、建設業には有益な情報だ」と気象ビッグデータの意義を語る。


弊社が関係する土木・建築業界は屋外での作業が多いですし、のり面工事等は山の中での作業となるので、変動しやすい気候を過去データの集積から気象傾向をつかめれば効率化につながりますね。

日本の天気予報は8割当たるというデータがあるほど高性能なので今後色んな業界で必須となるかもしれません。

【関連記事】

ゲリラ豪雨だけじゃないのね...温暖化で、ドカ雪降雪サイクルも短く


いま、この地球上で1分間に起こっていること『Everything That Happens in One Minute on Earth 』

ほぉ...効果があったらしい...日本気象協会の新事業


(株)ケイエフの特殊配合モルタル吹付工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック