2016年12月02日

お隣の大国を凌ぐ荒業...ロシアの地方局、フォトショで道路工事完了報告してしまう。



※画像はカラパイアからキャプチャさせて頂きました。

週末なので、ちょっとユルいネタで。
いやぁ...いくら疲れてたからって、やります?こんなこと...^^;

日本では、陥没した道路を一週間でまっさら状態に戻してしまうほど高度な土木技術と勤勉さで世界から賞賛頂いているわけですが、世界の大国はユルユル状態なようです。

カラパイアが笑撃のニュースを伝えています。
記事によりますと、ロシア、サンクトペテルブルクのプリモルスキー地区行政は、歩道のアスファルト工事が完了したと報告して、証拠として公式サイトにその完成写真を掲載した、そうです。
それが上記の画像。

ところが、この画像を見た近隣住民が歩道の"現状"を撮影して投稿し、市民を騙そうとしたとして当局を糾弾した、とのことです。

そして、現状の画像がこちら、だそうです。



※画像はカラパイアからキャプチャさせて頂きました。

記事になぜ、このようなことが起こったかの経緯と当局の言い訳が掲載されています。
そもそも市民が歩道の状態について当局に苦情を申し立てたのは2015年3月のこと。当局はすぐに2016年10月15日までには修繕を完了すると約束した。

 そして10月31日に工事が完了したとして...(中略)...、苦情対応部門のたった2人の人員で、毎月800件もの苦情を処理しているという。

修繕工事が2017年に延期になることを告知する代わりに、職員のひとりが、建設業者がフォトショップで作成した完成予想図を、実際の完成写真だと勘違いして、誤ってアップしてしまった...


だとしても、完成したなら見に行かないんですかね?^^;
上記の言い訳が本当だとしても、現地を確認してないことでまた大炎上しそうですが...^^;

ロシアのような寒冷地では使用が厳しいですが、遊歩道には自然度舗装材 スタボンをどうぞ(^^)

【関連記事】

ちょっと面白いかも...22,000枚の紙で作った実用的な橋のアート

海外からも絶賛された日本の土木技術...福岡駅前陥没復旧工事を約1分にまとめた映像

柱からサラダ油の缶!?...台湾でM6.4の地震


(株)ケイエフの自然度舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック