2017年01月19日

日本でサービス開始近しか!?経産省、ドローンで12km先に荷物を届ける実証実験に成功


Photo via Matt Pritchard via Visual Hunt

※イメージ画像です。

サービス開始もそう遠くない話、かもですね。

経済産業省のプレスリリースによりますと、経済産業省とNEDO、福島県、南相馬市、(株)自律制御システム研究所は、1月12日(木)に、福島県南相馬市の海岸において、世界初となる、完全自律制御による回転翼ドローンでの長距離荷物配送の飛行実証試験を実施、荷物を届けることに成功した、そうです。

【配送したのは、温かい缶飲料?】


詳細は同省のサイトでご確認頂ければよいかと思いますが、ざっくりどんな実験をしたかというと、12km先のサーファーに、温かい飲み物をドローンで届ける、という実験のようです。

記事の地図を見る限り、ほぼ直線コースだし、浜辺に沿って飛行したようなので、さほど障害もないのでうまくいったって感じですか?^^;

現実のサービスだと、民家の上を飛ぶことになるでしょうし、未知の障害も出てくるでしょうしね...
とりあえず、第一段階成功という感じでしょうか?

【大手通販はベクトルを変えつつある!?】


このドローン輸送計画がニュースになったのは、Amazonが宅配でドローンを使うと言ったのが大きかったと思われますが、そのAmazonはすでに別の方法を考えてるようですね。^^;

昨年の暮れに話題になった、空挺倉庫的な特許(Tech crunch)や今度は地下にパイプを這わせてドアツードアの配送を計画してる?(Giznmodo)とか...

【性能評価手法の作成だったのか...】


行政がドローンの配送実験をしているのは、災害時の対策という側面からだろうと思っていたのですが、それだけではないようです。
記事より引用させていただくと、
NEDOプロジェクトは、ドローン等に関して、用途に応じた性能・安全性の評価手法(評価軸、評価軸に沿った性能レベル、標準的な性能測定試験方法)を設定することを目標としています。今回の飛行試験の成果は、物流に用いるドローンの積載性能に関する性能評価手法等の研究開発に活用されます。


なるほど...色んなサービスがはじまる前に評価方法などを決めないとダメですもんね。^^;

少子高齢化で、物流業界の人材不足な日本では今後、色んな方法での物流サービスが始まるでしょうから、こんな実験が色々行われるんでしょうね...

ちなみに、今回使われたドローンは楽天が計画している”そら楽”というドローン配送サービスの元になるであろうドローンだそうです。

さらにちなみに、楽天ってそんなサービス計画してたんや、と思って”そら楽”で検索してみたら、公式サイトがすでにできており、昨年5月にはゴルフ場でボールやお菓子を配送する実証実験サービスをやったみたいですね。^^;....( ´_ゝ`)フーン...知らなんだ。^^;

ともあれ、とりあえず、おめでとうございます。(^^)

※おまけ

ひろぶろで紹介されていたドローンがすごいですよ。



この動きならフォルムをそれなりにしたら、UFO動画が撮れますね(≧m≦)ぷっ!

【関連記事】

測量から検査まで、すべてがICT技術で!...i-constructionの向かう先(2016)

マジでやってたのか!?ドミノ・ピザ、トナカイ配達プラン2016のその後...(2016)

ダメ人間製造機っぽいが...これじゃない感満開の『浮遊するハンモック』(2016)

これは実用的だ!アームのついたドローン登場、10kgの荷物を運べる。(2016)

ひとりで悩まず、サクッと相談...経産省の『グレーゾーン解消制度』がお役立ちかも。(2016)


(株)ケイエフのトゲ無し玉掛けワイヤースリング



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!





posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック