2017年02月20日

老朽化トンネルをトンネルで補強...静岡県熱海土木事務所


Photo credit: umelog via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像

びっくりした...トンネルの歩道部分にトンネル作るのかと思った^^;。
これでも珍しいそうです。

【トンネルをトンネルで補強】


伊豆新聞の伝えるところによると、県熱海土木事務所が伊東市玖須美元和田で、国道135号バイパス下をくぐる歩行者用トンネルの整備工事を進めており、その方法が、既設のトンネル内にコンクリート製の新たなトンネルを設置する珍しい工法を採用した、とのことです。

高さとか幅とか大丈夫なんでしょうか?...強くはなりそうですね。^^;

【他工法に比べ三分の一】


既存のトンネルを補強した上で周辺の地盤を改良する場合、約9千万円かかるが、この方法だと、総事業費3500万円で済み、通行止めも10日間で済む、そうです。

こういうやり方は業界では珍しいんですかね?...
それにしても、昨年秋あたりから、あちこち道路やのり面補強構造物の老朽化のニュースを割りと目にすることが多くなりましたね。

そろそろあちこちガタが来てる(同時期に作られたものが多いということですかね?)感じでしょうか。
モルタルやコンクリートを補強する繊維を弊社は多数扱っております。是非一度弊社のサイトをご覧頂ければ幸いです。

【関連記事】


スウェーデンの奴とは別?...理化学研究所、化学的に蜘蛛の糸を合成する方法を開発

軽くて丈夫な竹で新素材 ”セルロースナノファイバー”生産が本格化

雪の影響とかあるんですかね?...トンネル工事現場で岩盤崩落 ひとり死亡 北海道


(株)ケイエフののり面モルタル補強用繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック