2017年03月06日

そりゃそうだ...山岳ヘリ救助、有料化へ 埼玉県条例案


Photo credit: Masaru Kamikura via VisualHunt / CC BY


登山者の保険加入率も1%とからしいですしね...
昨日ですか、長野で防災ヘリ墜落してましたね。

【安易な救助要請に歯止めをかける狙い】


日本経済新聞の伝えるところによりますと、埼玉県が防災ヘリコプターによる山岳救助を事実上、有料化する制度を導入する、そうです。

自民党県議団が2日、県議会に関連条例の改正案を提出、過半数を占める同党の賛成多数により27日に可決・成立する見通しで、来年1月の施行を目指す、と記事は続けています。

記事には金額についても言及がありますが、、燃料費分の5万円程度を徴収する、とのことです。
この金額は、約1時間飛行した場合の燃料費を基に算定したもので、民間だと数十万かかるそうです。

【登山保険に入りましょう。】


お仕事で山に入られる方等は、会社なんかで保険に入られていると思われますが、趣味で登山する場合は入ってない人が多いみたいですね。

以前、当ブログでも取り上げましたが、救助費用の請求を拒否する猛者もいらっしゃるようですしね。

助けてもらうのが当たり前と思ってる人が世の中にはいらっしゃるようですが、自分の趣味で遊びに行って人様に迷惑をかけておきながら、その費用も負担しないなど言語道断だと思うのですが...

最近は、異常気象であったり、土砂災害対策設備の老朽化などで土砂崩れ・落石が頻発する昨今なので、登山をされる方は是非、登山保険に加入して頂きたいですね。

でないと、いざというときにエライことになりますから...
その当たりはYAMA HACHというサイトに詳しく解説されているのでどうぞ。

ふと思ったのですが、こういうのって、自動車の保険みたいに強制加入とかできないんですかね?
登山装備買ったら、自動的に加入される、とか...

【関連記事】


年の瀬だし注意...山林で落石、女性けが 栃木県佐野市(2016)

リミットは今夜19時!ヤフオクで落石した”風神石”撤去者募集中!(2016)

知らなんだ...災害特化の救助訓練施設完成 全国初 堺市の警察学校(2016)

拒否って何...山岳救助費用の支払拒否対策に書面導入、今年は60件中6件が未払い(2015)



(株)ケイエフの安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック