2017年03月16日

ドボジョにも優しく!...国交省、土木工事・業務の積算基準を改定


Photo credit: Taiyeh via Visualhunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像

ドボジョも随分浸透してきましたしね。

【実態に即して...】


建設通信新聞の伝えるところによりますと、国土交通省は、土木工事・業務の積算基準を改定、10日に改定内容を発表した、とのことです。

記事に非常に詳細に解説されているので、詳細は記事を読んでいただければよいかと思いますが、全体的に積算時と実態の乖離(かいり)がひどかったのか、より実態に近づける形への改定がメインのように思えます。

また、女性の業界進出もあってか、ドボジョに配慮された改定や業界の人手不足も受けてか、イメージアップに関する改定もなされているようですね。

【名称変更はよく解らないけど...^^;】


こういう改定でよく解らないのが、名称の変更。
今回のケースでは、イメージアップ費というが「現場環境改善費」になるようです。
これまで共通仮設費の中に「周辺住民の生活環境への配慮および一般住民への建設事業の広報活動、現場労働者の作業環境の改善を行うために実施する費用」として計上してきたイメージアップ経費の名称を「現場環境改善費」に改める。

と記事に記載されてるんですが、一般住民への建設事業の工法活動って”現場環境改善”なんですかね^^;。

すいません、しょーもないところツッコんで。^^;
上記の広報活動って、Webとか使ったものも対象になったりするんでしょうか?

ともあれ、春の改定が行われるようなので、業界関係者は記事に一通り目を通しておいてはどうでしょう。

【関連記事】


権限付加で効率化、長野市、「土木」と「産業振興」事務所新設へ

街鳥ピンチ!?...無電柱化推進法が9日、参院本会議で可決、成立(2016)

測量から検査まで、すべてがICT技術で!...i-constructionの向かう先(2016)

ジェクターの出番か!...崩落で出た土を農地に活用で一石二鳥 熊本地震(2016)

これは嬉しいかも...乗車前に料金が決定するタクシーサービスの実験がはじまる、国交省(2016)

山間部の電波状況が向上する!ICT土木研究公募で工学院大学の無線技術に関する研究が採択(2016)

また新たなレディースが...^^; ”積女”ASSAL関西、始動らしいです。(2016)

目標は全プロセスを3Dデータで...国交省 ICT土工を新年度から全面的に実施(2016)


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447901916
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック