2017年04月18日

できれば聞きたくないが...「国民保護サイレン」を覚えておこう。


Photo credit: cowicide via VisualHunt / CC BY-NC

※イメージ画像です。

世界情勢がきな臭い昨今、これも防災なので。
てか、緊急地震速報もこんなんちゃいましたっけ?

【こういうの気にしないとイケない時代なんですね(T_T)】


J-castニュースが、今後必要になるかもしれない動画(厳密には音声ですけど)を紹介しています。

一体、何かと言いますと、「国民保護サイレン」。
現在も緊急地震速報がある場合、テレビなどからけたたましいサイレンが流れてきますが、こちらの「国民保護サイレン」は、国民保護に係る警報のサイレンで、ミサイルを含む武力攻撃に対して使用されるものです。

記事にさらに詳細な説明がありますので、引用させて頂くと、
「武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域」に対し、防災無線から流されるもので、Jアラート誕生にさかのぼる2005年に決められた。

とのことです。

では、実際に聞いてみてください。ただ、結構な音なので、音量注意で。
オフィスで聴く場合は、ヘッドホンをするか、あらかじめ動画の音量ならびにPCのスピーカーの音量を下げて再生しましょう。



【実際に聴くことになったら...】


実際にこのサイレンを聴くことになったら、
屋内ならばまずはドアや窓をすべて閉め、ガス・水道・換気扇も閉じる。そして、ドアや壁、窓ガラスから離れた位置に座り、待機する。屋外にいれば、近くの堅牢な建物や地下街などに避難する。その上で、落ち着いて情報収集を行い、行政機関からの指示に応じて避難する

だそうです。

詳細は、内閣府国民保護ポータルサイトと言うサイトに
『武力攻撃やテロなどから身を守るために』(PDFファイル)
があるので、そちらでご確認ください。

困ったもんですねぇ...

【関連記事】


地震も津波も無縁!米NYの建築事務所の考える防災対応ビルがぶっ飛びすぎてる件

お役だち?いやいや^^;...オフィスにあるものを使って朝食を作るクーニャンが話題

【人柱企画】日本製だとやっぱキツいか?一石二鳥のバーニングツナ缶メシは実用的か!?

東日本大震災から6年たったわけで...集合知と「専門家のノウハウ」をまとめたNHK製作動画が秀逸。


(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449008743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック