2017年04月20日

浜松、滋賀、秋田でも...17日の雨の影響、土砂崩れ



※画像は産経フォトのサイトよりキャプチャさせて頂きました。

結構あちこちで被害出てますね。

【落石防護網ぐにゃり】


産経フォトの伝えるところによりますと、18日午前3時55分ごろ、滋賀県高島市海津の県道西浅井マキノ線で、「土砂崩れがあった」と通行人から110番通報があり、県高島土木事務所が調べたところ、大崎第4号隧道入り口付近で、のり面の高さ約15メートルの地点から約3メートルにわたり土砂が落下していた、とのことです。

同記事に大きい画像がありますが、こりゃ酷い...

京都新聞も同事故を記事にしていますが、それによると崖斜面から全長約20メートルにわたり50トン余の土砂が崩れ、その重みで曲がった防護柵が道路をふさいでいた、とのことです。

現場周辺の桜並木や人的被害は出てないようですが、桜並木が約4キロに及び、ピンクの桜と青い琵琶湖のコントラストが人気を呼ぶ桜の名所なんだそうです。

気候もよく行楽シーズンになるので、怖いですね。

【浜松 JR飯田線でも...】


また、毎日新聞の伝えるところによりますと、JR東海が18日、JR飯田線早瀬駅の北約400メートルで土砂崩れにより線路が寸断されたため、三河川合−中部天竜間の上下線で始発から終日運転を見合わせると発表、とのことです。

これも17日の雨の影響ですね。
記事によると、落石警報装置が作動したようで、10メートルに渡って土砂が線路を覆っていたそうです。
こちらも電車直撃とか無くてよかったです。

さらに、秋田県の由利本荘市でも土砂崩れが...(NHKニュース

季節が進んで暖かく(場所によっては暑いようですが^^;)なってきてるので、雪解け等も絡んでくるでしょうから地盤の緩みに注意ですね。

山へ行かれる方、山間部周辺の方は日々防災情報をチェックしておきましょう。

【関連記事】


17日気象大荒れ 各地で被害...土砂災害、河川氾濫、今後も注意を

高さ2m、幅1.5m...紀宝町で落石 三重県

各地で雨の影響ですか?...相模原市緑区の林道でも法面崩落

運転手お手柄、能勢電鉄で土砂崩れ、事前に発見 けが人なし

豪雪地帯は注意を...雪の影響で土砂崩れ 京都


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック