2017年04月25日

これは盲点...落石でエアバッグ作動、転落事故 埼玉


Photo credit: Thomas Hawk via Visualhunt / CC BY-NC

※イメージ画像です。

そこは盲点でしたね...

【落石でエアバッグ作動】


yomiuri onlineの伝えるところによりますと、22日午後9時40分頃、埼玉県秩父市浦山の県道で、18歳の少年4人が乗った軽乗用車が道路右側のガードフェンスを突き破って高さ約15メートルの崖から転落し、運転していた男性が胸を強く打って死亡、同乗の大学生ら3人が重軽傷を負った、とのことです。

記事によると、助手席にいた大学生が「走行中、衝撃を受けたと思ったら運転席側のエアバッグが開き、前が見えなくなった」と話しており、現場付近の路上に高さ約20センチ、幅約50センチの石が落ちていた、と続けています。

落石にしては割りと小さめなんですが、落石の衝撃でエアバッグが作動して前が見えなくなったと...これは盲点...こういうケースもあるんですね。

【基本正面からなの??】


落石が正面から落ちてきたんでしょうか?
安全運転講座というサイトを見ると、エアバッグが作動する条件として、
・固定壁に時速20〜30km以上の速度で正面から衝突したときと同程度の衝撃で作動します。
(※固定壁とは、衝突時に変形や移動をしない壁をいう)
また、同程度の衝撃を正面から受けた場合

・停止している同クラスのクルマに時速40〜60kmで正面から衝突した場合

・正面衝突の範囲は車両に対し左右約30度以内です。

・縁石などに衝突したとき

・転落やジャンプしたときの着地時

・地面に強くぶつかったとき

とあるので、基本正面または下からの衝撃で作動するようですね。

【ちょっとオカルティックな匂いも...??】


yahooニュースでは、落石の報告はなく路上に置いてあった石にエアバッグが反応したのでは?、少年たちは心霊スポットに向かう途中だった、とちょっとオカルトな雰囲気の記事になってます^^;。

タイミングが悪かったんですかね...お亡くなりになった方に哀悼の意を表します。
これからGWで車で山間部を移動される方も多いかと思いますが、くれぐれも気をつけましょう。
(正直、気をつけようがないんですけどね...)

【関連記事】


浜松、滋賀、秋田でも...17日の雨の影響、土砂崩れ

高さ2m、幅1.5m...紀宝町で落石 三重県

直撃した車はなし...長径2メートルの落石事故 北海道

災いはどこから来るか、解らない...を実感する映像が撮られる。

巨石滑落 沖縄...岡山でも落石



(株)ケイエフの、法面の安心・安全ネット あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック