2017年05月19日

現場仕事に耐えうる、CATブランドのタフネススマホ「CAT S40」、日本ではオンキヨー&パイオニアから



※画像は、オンキョーのサイトよりキャプチャさせて頂きました。

以前、当ブログでもご紹介した、赤外線カメラ搭載タフネスケータイの姉妹品ですかね?

【実売価格は5万前後、5月下旬より...】


ケータイWatchの伝えるところによりますと、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが、高さ1.8mからの落下にも耐えられるタフネス性能のAndroidスマートフォンで、CAT(キャタピラー)ブランドの「S40」を5月下旬に発売する、とのことです。

実売価格は5万円前後となる見通しで家電量販店で販売開始、とのことです。

スペックを同社のサイトより一部引用させて頂くと、
バッテリー 3,000 mAh

通話時間 連続通話時間: 18 H

待受時間 39日(Single SIM状態)
※4G/3G回線は安定した試験波で測定した目安時間です。
※使用条件により実際の動作時間は変化します。

ディスプレイ 4.7インチ IPSパネル静電容量タッチ型(qHD, 540 × 960)(Corning Gorilla Glass 4)

カメラ撮影機能 メイン/リア: 8メガピクセル オートフォーカス

フロント: 2メガピクセル

動画撮影機能 720 p 30 fps

Bluetooth 4.1

NFC対応

Wi-Fi 802.11b/g/n

Sim nano SIM x 2 ※1

メモリ ROM 16 GB

RAM 2 GB

外部メモリ microSD 最大64 GB

搭載OS Android™ 5.1( Lollipop)

堅牢性 IP規格  IP68

防水 水面下1 m, 60分

防塵 粉塵の侵入が完全に防護されています

落下 1.8 mの高さからの落下

MIL SPEC MIL SPEC810G, 落下・衝撃,

寸法・重量 寸法(HxWxD) 144.9 x 74.08 x 12.45(mm)

重量 185 g

と、こんな感じになってます。

SIMロックフリーで、水深1mで60分浸しても起動し、粉塵が侵入しない防水防塵性能(IP68)もサポート、最長39日間待受、と過酷な環境に耐えうる仕様となってます。

さらに、手袋を装着したまま操作できるモード、濡れた指でも操作できるモードを搭載してるんだそうで、まさに現場仕事に持ってこいの機種となってるようです。

【OSはやや古め?】


確か、今Android OSはVer.7だったと思うのですが、それからするとやや古めですかね?バージョンアップは可能なのでしょうか?

価格的にも、5万円ならキャリア扱いケータイレベルなので、そんなにお高くもないですかね。
ただ、タフネスを謳う以上、どれくらい持ってくれるのか、が気になるところですが。

過酷な環境でお仕事されてる方は、機種変に検討してみてはどうでしょ?

【関連記事】


効果のほどが気になる!KDDI、岩盤反射で山奥でも4Gエリア化

アリかもしれないが...東京五輪2020のメダルはリサイクルで

地デジ波でゲリラ豪雨予測 NICT開発

大手重機メーカーキャタピラーが、赤外線サーモカメラ搭載スマホを発表、だそうです。(2016)



のり面工事資材の(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック