2017年05月23日

幅150メートル、長さ500メートルに渡り山腹崩落 避難指示


Photo credit: NATSUKADO via Visual hunt / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

雨降ったんですか??このところ、全国的にすこぶる天気がいいイメージなんですが...

【10世帯へ避難指示】


信毎Webの伝えるところによりますと、長野県飯山市照岡の井出川流域の山腹が幅約150メートル、長さ約500メートルにわたって崩落したことが20日にわかり、市が災害対策本部を設置、崩落地の下流に位置する桑名川地区の一部民家に土砂流入の恐れがあるとし、10世帯26人に避難勧告を出した、とのことです。

また、記事によると人的、家屋への被害等は出ていないが、井出川と合流する出川の水が濁るなどし、桑名川地区で農業用水が使えなくなっている、と伝えています。

また同記事の続報には、
信州大地域防災減災センター副センター長で同大農学部の平松晋也教授(砂防学)は取材に、「一般的に、急な気温上昇によって雪解けが進めば、地下水が一気に上昇して地盤が緩む。降雨などがあれば融雪が誘発され、地下水上昇との相乗効果によって崩落などにつながる可能性がある」としている。

という記述も...


【ある意味、不幸中の幸いかも】


24時間監視体制で対応中とのことですが、これから梅雨のシーズンに入わけなので、ある意味雨シーズン前で崩れたのはラッキーだったのかもしれません。

事前に避難できてよかったです。

【関連記事】


土砂が国道塞ぐ...GW終盤に名護市で土砂災害

ナイス判断...お巡りさん、落石の前兆に気づき通行止め即決、その後土砂崩れ 養父市

浜松、滋賀、秋田でも...17日の雨の影響、土砂崩れ

運転手お手柄、能勢電鉄で土砂崩れ、事前に発見 けが人なし

先週末九州で大雨...長崎で斜面崩落、民家間一髪


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 09:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック