2017年05月29日

トンネル工事中に落石、作業員肋骨を折る大ケガ 長崎道トンネル


Photo credit: lilyfan via Visualhunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

逃げ場がないですしね...トンネルだと。

【直径1メートルの落石】


KTNテレビの伝えるところによりますと、24日昼すぎ、長崎市のトンネル工事現場で落石事故があり、作業員が大ケガをした、とのことです。

記事によりますと、午後1時ごろトンネルを掘り進めている場所から直径1メートルほどの岩が崩れ落ち、57歳の男性作業員の背中や足に当たったとのこと、男性は肋骨を折ったものの命に別状はない、と記事は伝えています。

【天井から直撃なら怖い】


どの部分から落ちてきたのか解らないですが、天井から直撃とかなら、怖いですね。
命があっただけラッキーだと思うしかないかと...。

土木関係の現場で働く皆様、周囲の状況よく考え安全確保の上、作業に当たるようにしましょう。

【関連記事】


幅150メートル、長さ500メートルに渡り山腹崩落 避難指示

不幸な事故...救助ヘリの風圧で落石、男性死亡

そんな準備があったのね...ロッククライミングの前準備動画

ナイス判断...お巡りさん、落石の前兆に気づき通行止め即決、その後土砂崩れ 養父市

これは盲点...落石でエアバッグ作動、転落事故 埼玉


(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック