2017年06月07日

荒んでるなぁ...獣害駆除で報奨金不正多発 全国で


Photo via via Visualhunt.com

※イメージ画像です。

ヤレヤレだぜ...ですね。(T_T)

【霧島市では29人が資格停止】


朝日新聞digitalの伝えるところによりますと、イノシシやシカなど農作物を食い荒らす有害鳥獣の捕獲頭数を水増しするなどして国や自治体の報奨金をだまし取る不正が後を絶たない、そうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、この不正行為は全国で発生しており、写真撮影の際、同じ個体を裏表で2頭分としたり、報奨金が出ない時期に捕った個体の耳などを冷蔵保存して提出したり、と手口もさまざま。

行政サイドとしては、確認方法の厳重化などを検討するも猟友会との関係悪化を懸念して難しい課題と認識しているようです。

【犯罪ですからねぇ...】


捕獲した個体ってどうなるんですかね?狩猟したヒトのものになるんじゃないのでしょうか?
仮にそうだとしたら、はじめから行政でその個体を買い取る仕組みを作ったらよいのではないですかね。

記事の霧島市のケースだと、どれくらいのハンター登録があるのか判りませんが、結構な数のヒトが不正を行っていることになりますね。集団でやってるのかも...

獣害対策も重要ですが、ひとさまの税金ですから。
何かいい仕組みが出来るといいですね。

【関連記事】


『カラス侵入禁止』貼り紙で、鳥害対策効果 東大の研究施設

衝撃の事実...シカは○骨も食べる、ことが解ったらしい...

マジで深刻...ニホンシカ全頭駆除へ 青森



(株)ケイエフの法面のシカ・イノシシ侵入対策 シカ夜来



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!








posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック