2017年07月05日

梅雨前線の影響も大...各地土砂災害、落石多発


Photo credit: 一人寿司-Hitori Sushi via VisualHunt / CC BY-SA

※イメージ画像です。

今回の台風はスピードが早いので、各地思いの外、影響は少なかったような...

【どっちかというと梅雨前線の影響...】


まずは、先日もお伝えした新潟。梅雨前線の影響を色濃く受けてる傾向があるようです。

NHKニュースの伝えるところによりますと、4日午前3時ごろ、新潟県柏崎市新道の市道で、土砂崩れが起きていると通報があり、警察が確認したところ、現場は新道小学校の裏手の市道で、およそ50メートルにわたって土砂に埋まり、現在通行できなくなっているということです。

記事に画像がありますが、がっつり道路塞いじゃってますね。(T_T)

三条市でも...
kenoh.comの伝えるところによりますと、下田地区で土砂災害が発生、濁沢地内で住宅裏山で幅10メートル余りにわたって土砂崩れが発生し、住宅の下に土砂が流入した、とのこと。
住人は幸いにも避難しており無事だったとのこと。

燕市でも...
kenoh.comの伝えるところによりますと、燕市分水地区・国上の農道で4日朝早く土砂崩れが発生して土砂が道路に流れ出したため、通行止めにしている

続いて、福島県。こちらも梅雨前線の影響が強そうです。
福島民友の伝えるところによりますと、南会津町永田の国道121号で3日午前10時45分ごろ、走行中の県外の男性の乗用車に長径約50センチの落石が衝突。男性にけがはなかった、とのことです。

こちらは台風の影響ですか?長崎県。
毎日新聞の伝えるところによりますと、長崎市上西山町では石垣が幅13メートル、高さ7メートルにわたって崩落、下の駐車場に土砂が流れ込み、車両4台の一部が巻き込まれた、とのこと。

そして、富山県も、のり面崩落相次ぐ、と。
チューリップテレビの伝えるところによりますと、砺波市栃上を流れる『和田川』右岸で、幅およそ7メートル、高さおよそ10メートルにわたって崩れ落ちた、南砺市では大雨による土砂崩れや道路の崩落によって利賀地区の市道上百瀬水無線と上平地区の桂線の2か所が通行止めとなったとのことです。

【台風の影響はこの先ですかね...】


梅雨前線の影響で日本海側と北日本あたりで大雨となっているようですが、昨日から日本横断している台風3号でも結構な雨が降っているので、この影響がまた出そうですね。

雨水をたっぷり吸っちゃってる日本列島。地盤があちこち緩くなっていると思われますので、山間部に近い方、山間部でお仕事される方は地域の気象情報や防災情報をこまめにチェックして災害に巻き込まれないようにしましょう。

雨も降らないと困るのですが、記録更新するほどの雨は勘弁してほしいところです。

【関連記事】


地震、大雨、落石、床下浸水...先週末大荒れの日本

破壊力半端ないな...倒木で運転手死亡 熊本

被害じわじわ露見...長野県南部地震

先週の雨の影響?...土砂災害関連ニュースあれこれ

21日、和歌山では結構な被害...国道168号で土砂崩れ、すさみ1176世帯で避難指示

やはり梅雨は...宮崎県 国道220号、大規模土砂災害 復旧のめどたたず


(株)ケイエフの特モル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック