2017年07月18日

狙いは中小企業への導入促進...ICT工事普及へ各ブロックでモデル事業実施 国交省


Photo credit: keyaki via VisualHunt.com / CC BY-SA

※イメージ画像です。

景気がよければ普及も早いんでしょうけどね...

【ICT活用を中小企業へ】


日刊建設工業新聞の伝えるところによりますと、国交省は建設現場の生産性向上策i−Constructionの普及促進策の一環として、ICT活用工事の裾野を中小建設業に拡大するため、現場支援型モデル事業を実施する、とのことです。

自治体発注工事からモデル工事を選定、受注した地域建設業者に対し、国交省はICT専門家を派遣。ICTを活用した施工計画の立案支援や、3次元(3D)設計データの作成支援、現場講習会の運営支援や好事例の取りまとめも行う、と記事は続けています。

【イニシャルコストが...】


人材不足やコスト削減の観点から、IT機器や最新ソフトを使いたいのは山々だが、なんせイニシャルコストが...という部分はあるでしょうね。

導入したはいいが、うまく受注につながるかどうかという部分もあるでしょうし。
そんな部分を支援してもらえるんじゃないですかね?

先日もIoTセミナーに行った際、”身の丈にあった”という言葉がよく出てましたが、無理しないでまずは相談してみてはどうでしょう?

国土交通省のサイトには、『i-Construction』のページ(リンクは近畿地方整備局ですが、他地域もあるようです。)ので、参考にされてみてはどうでしょ?


【関連記事】


セーフティークライマーもお忘れなく!...熊本城復旧、無人重機で崩落石回収

ちょっと強引?...県発注工事に女性登用義務 秋田

ドボジョにも優しく!...国交省、土木工事・業務の積算基準を改定

ハイブリッドな無人重機!?のり面整形に試験的に導入 大林組

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック