2017年07月31日

植物的発想の、災害で威力を発揮しそうな、バルーン式ロボット、スタンフォード大学開発中




どれくらい折りたたむ、というか巻いておくというか...出来るんでしょうか?

【植物のツタが伸びるのをヒントに...】


Gizmodo japanが紹介していた、スタンフォード大学が開発を進めているバルーン式ロボットがなかなかすごいです。

とりあえず、動画をどうぞ。動画は3分弱です。



詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、構造がなかなかユニークです。
これも同記事よりキャプチャさせて頂いた図が非常に判りやすいので、使わせて頂くと、こんな感じになります。



※画像はGizmodo 日本版よりキャプチャさせて頂きました。


バルーンの中にロボットが入っていて、それが外に向かってぐるぐる押し出されるような感じで、先へ先へと伸びていく感じなんですかね...

いや、とは言っても所詮は風船...突起物とかがあったら破れますやん??...とか思っていたら、映像に釘が刺さった板の間をスイスイ進んで行く実験映像がありますね。
(当ブログのアイキャッチがそれです。)

【まさに災害時に威力を発揮しそう。】


バルーンなので、狭いところにも入れて、重たいものを持ち上げることもでき、前方に”食指”を伸ばすことが出来るので、ヒトが入れない危険なところの映像を遠隔で撮ってくることも可能ですね。

どういう素材で出来ているのかよくわかりませんが、色んな可能性を秘めたロボットとなりそうです。

詳しく知りたい方は、英語ですが、科学誌「Science Robotics」をどうぞ。

【関連記事】


ごめん、ちょっとイラっとする...自動たこ焼き器なるものがあるらしい。

大丈夫か!?ロボ労働者...ワシントンDCで警備ロボ、水没

英デザイナー作『第三の親指』が何かと重宝しそうな件

業務用ルンバっぽい...建設現場の床仕上げにロボット導入 大成建設

急傾斜、瓦礫の上でも対応可能な、新しい災害対応重作業ロボット、東北大など実証実験開始

なにげにお役立ちかも...東大研究室が真面目に作る第3,第4の腕『MetaLimbs(メタ・リムズ)』



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!





posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック