2017年08月07日

ヤバいヤツは両極端!?...犯罪者と服の色の関係



※イメージ画像です。

なんとなく解るような気がする...

【治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」による統計データ調査結果】


夏はお盆休みがあり、おこちゃまは夏休みで開放的になる季節。そんな開放的な季節には犯罪も増えるという悲しい現実。

Pouchで紹介されていた、最近の犯罪者・不審者の特徴がとても興味深いです。

これは、治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」による統計データ調査結果だそうで、詳細は記事を読んでいただければよいかと思いますが、犯罪者・不審者の服の色には特徴がある、という。

記事より一部引用させて頂きますと、

不審者が好んでつける色は1位が黒(49.1%)で2位が白(13.3%)、3位が青(9.3%)、4位が灰色(8.7%)。このモノトーンが多いという傾向は、調査開始時から変わっていないのだそう。

ところが、夏になると、モノトーンの代わりに水色や白といった、明るい色の割合が増えることもわかっています。
(中略)
もう1つ挙げておきたいのは、犯罪内容によって犯人の服装に一定の傾向がある、という点です。

ナイフなどの凶器を使った事件:水色やオレンジが多い
強盗や詐欺:金色(金髪など)が多い
不審者や痴漢:黒、青、グレーなどが多く、目立たない色が多い

ご覧のとおり、凶悪犯罪に手を染める犯人は目立つ色、不審者や痴漢は目立たない色を身に着ける人が多いようです。


記事にそのイデタチのイラストがありますが、どっかの海賊さんみたいな格好ですね(((*≧艸≦)ププッ

ほかにも、治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」による統計データ調査結果に、

・子どもが被害を受けた事件は、7:00〜9:00と14:00〜19:00に80%の事件が集中しています。

・ちかんは18:00〜3:00の夜間帯に52.8%の事件が発生しており、同時間帯の全事件平均である31.8%と大きな乖離が見られます。のぞきなども同様の傾向が見られます。


など、参考になるデータが色々記されています。

傾向が判れば対策も出来るので、一度目を通しておくとよいでしょう。
いらぬトラブルに巻き込まれては、せっかくの夏休みも台無しになってしまいますからね。

【関連記事】



【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2017に行ってきました。 その1

この訓練自体も大丈夫?^^; Lineが『サイバー防災訓練』をロック(6/9)の日に実施

マネしちゃダメ!?でも応用はアリか?...簡易地雷の作り方

【セキュリティ】アップデートしてますか?話題の『Wannacry』ウィルスに感染するとこうなる、動画





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 13:09| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。