2017年08月23日

ほぉ...スマホの地図コンパスの狂いを直す方法




※画像は旭化成エレクトロニクスのWebサイトの動画をキャプチャさせて頂きました。


あんまり気にしたことがないですが、覚えておくとよいですよ。(^o^)

【8の字回転で。】


地図アプリ上でGPS(位置情報)機能を使う際、電子コンパス(地磁気センサー)が正しい方向を示していないときの対処法をIT media newsが伝えています。

どういうことかと言いますと、
 具体的には、「ビルの中、家電製品のそば、金属製家具のそば、駅のホームや電車内、磁石を使ったバッグやアクセサリーのそば」など。地磁気が乱れている場所や携帯機器が着磁する場所は注意が必要だという。

つまり、こういった場所でスマホのコンパス機能を使おうとすると、狂ってる場合があるようです。

そんな際には、”8の字回し”をするとコンパスが正常に戻ってくれる、という話。
少し前のバージョンのようですが、旭化成エレクトロニクスのWebサイトに掲載されていた動画が記事に掲載されていたので、こちらにも貼ってみました。

動画は2分少々です。



これは、実際にGoogleマップのヘルプページでも説明されてる正しいやり方のようです。

【このやり方が一番わかりやすかった、らしい^^;】


ただ、電子コンパスの精度向上により、ユーザー側が8の字回しをしなくても自動調整機能が働く場合もあるようなので、無理にする必要はないかもしれません。

なぜ8の字回しか、の詳細は記事にあるので興味がある方は読んでみるといいと思いますが、一番わかりやすいやり方だったようです。^^;
ポイントはいろんな方向へスマホを振ることだそうです。

もし、コンパスがうまく作動しない場合はお試しあれ。

【関連記事】


3つの材料でスニーカーが真っ白に蘇る技がすごい。

GW2017期間中に気になったニュースあれこれ その8

【人柱企画】日本製だとやっぱキツいか?一石二鳥のバーニングツナ缶メシは実用的か!?





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:03| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。