2017年10月03日

やっぱアレが正解だった!?...ピラミッドの巨石は水路で運んだ説の証拠が見つかる。


Photo credit: Ed Yourdon via VisualHunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

やっぱ、アレが正解なんですよ(^^)
これで確定したら、かなりスッキリですね。

【監督官の日記、見つかる】


先日、ピラミッドの巨石をどうやって運んだか?の仮説がかなり正解に近い、と当ブログでもお伝えしましたが、ついにこれを裏付ける証拠のひとつが見つかったそうです。

このニュースを伝えているTocanaによりますと、ピラミッド建設時の監督官がパピルス紙に書いた日記が紅海のワディ・アル・ジャルフ地域で発見されたことで、古代エジプト人がナイル川を利用して巨石を運搬していたことが、今月24日に英国で放送されたドキュメンタリー番組「Egypt’s Great Pyramid: The New Evidence」で明らかになった、と伝えています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、
彼(監督官)は40人のエリート作業員とともにナイル川からピラミッドまで巨大な水路を掘ったと書かれている

と記事は伝えている。

ただし、発見された日記には、巨石の積み上げ方に関する記述はなく、これについての謎は残る、と記事は続けています。

【やっぱ色々説はあるんですね...】


この水路運用理論は『ウォーターシャフト理論』と言われてるようで、ほかに日乾し煉瓦と土などで作業用の傾斜路が作られ、その斜面をソリで運び上げられたとする「傾斜路説」や、地面に並べた丸太の上で石材を運搬したとする「ローラー説」なんかがあるようです。

ではどうやって石材を浮かせたか?というと、当時、ワインや水などの容器として使われていた動物の皮を空気で膨らませたものを浮力材として使ったんじゃないか、ということらしいです。

なるほど...判りやすい。
エジプトのピラミッド建造に携わった労働者は、結構いい待遇を受けていた、という話もあるのでやはりアニメで見るような
『引けぇぇぇぇぇぇ〜!チカラの限り引けぇぇぇぇぇぇ!!(ピシっ!パシっ!)』
みたいな奴隷扱いではなかったんでしょうね。

もうほぼ『ウォーターシャフト理論』で決定でしょう(^^)

【関連記事】


ピラミッドはこうやって作ったのかもしれない、という動画

建築デザイナーが作った幻想的な3D間接照明『KIRUMA』がかっこいい。

古代コンクリートが年々強度を増す仕組み解明。

革新的研究開発推進プログラムから新素材、『繊維強化ゲル』開発

宮大工か!?...木製パーツ積み上げでつくる家『Brikawood』

地震も津波も無縁!米NYの建築事務所の考える防災対応ビルがぶっ飛びすぎてる件

推定100キロ!?...大阪城で謎の落石 石垣から


(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。