2017年10月05日

微細藻類で斜面崩壊を防止 日本工営


Photo credit: tarawo via VisualHunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

藻類は地域にもともといないヤツでもOK??

【撒くだけで緑化】


日刊建設工業新聞の伝えるところによりますと、日本工営が、斜面崩壊や土砂流出の防止に効果のある微細藻類の製品化に乗りだした、地表にまくだけで早期に緑化し、土壌にしっかりと入り込む微細藻類を乾燥させて防災用土木資材として製造・販売する計画、とのことです。

微細藻類の繁茂によって形成される土粒子を巻き込んだコロニーに土砂の流出を抑える機能があることも突き止め、製品化の検討を始めた、と記事は続けています。

【まだまだ色々居そうですね、藻類】


随分前に石油を生み出す藻類がいることが話題になり、日本も産油国だ!なんてニュースが話題になりましたが、土砂流出を防止できる藻類もいるとは...

この業界では植物を扱う場合、やたら外来種がどうとか地域にもともと自生しているものでないとダメだとか、色々厳しいんですが藻類ってそういうのの対象外なんですかね??

あと、こういう藻類って最近のゲリラ豪雨に対応できるだけの能力があるのか、とても興味深いです。
もしうまく行けばそれこそ、天然物の土砂災害防止材になりますね。実際の効果の検証が気になります。

【関連記事】


不均衡が強さを生む?...古代ローマの技術でコンクリートの強度が2倍に。

急傾斜、瓦礫の上でも対応可能な、新しい災害対応重作業ロボット、東北大など実証実験開始

植物的発想の、災害で威力を発揮しそうな、バルーン式ロボット、スタンフォード大学開発中

結果的には安上がり!?異常気象多発で『アクアダム』に注目集まる。

これはあの...!?ですか?藻からバイオ燃料、IHIが研究開発会社(2011)

微細藻類が作るバイオオイルの潜在能力セミナーに参加してきた。【その1】(2011)

微細藻類が作るバイオオイルの潜在能力セミナーに参加してきた。【その2】(2011)


(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:35| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。