2017年10月12日

レーダー使用で24時間計測可能 のり面工事の動態観測をレーダーで 安藤ハザマ


Photo credit: nknh via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

ほったらかしでいいんですかね??

【対岸から計測可能】


日刊工業新聞の伝えるところによりますと安藤ハザマが土木工事で、レーダーを活用して施工中ののり面を動態観測できる手法を開発した、とのことです。

記事によりますと、のり面の対岸にレーダーを設置して24時間連続で計測。計測点への機器設置や測量が不要になり、省力化できる、と続けています。

【精度は1ミリ以下】


1ミリ以下の精度で観測可能というからすごいですね。
工事中に山が動いても対応しやすくなるということでしょうか?違うのかな^^;

工数と手間をカットできるのはよいことですね。
この機器がおいくら万円かかるのか、知りませんが...

【関連記事】


微細藻類で斜面崩壊を防止 日本工営

新素材となるか!?キノコと木くずから作った『菌糸木材』

やっぱアレが正解だった!?...ピラミッドの巨石は水路で運んだ説の証拠が見つかる。

大手建設機械メーカーが国内でICT関連事業を強化、研修施設等続々開設


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:29| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。