2017年11月08日

動きに併せて表示を変えられる、未来な横断歩道『Starling Crossing』




先日、3D歩道橋が効果的っぽいというのをお伝えしましたが、イギリスではテクノロジーを駆使した横断歩道の開発が進んでるようです。

【未来っぽい^^;】


Gigazineで紹介している『Starling Crossing』という装置は、民間の研究企業であるTransport Research Laboratory (TRL)が開発を進めているもので、道路の路面の一部にLEDを埋め込むことで、実際の状況に合わせた多機能な表示をリアルタイムで変化させることを可能にしている、そうです。

サウス・ロンドンにあるという実物大のプロトタイプの映像をどうぞ。


Starling Crossing - overview from Umbrellium on Vimeo.



これはかっこいい。
この表示は、周辺に取り付けられたカメラからの映像をニューラルネットワークで学習を行ったコンピューターで解析し、横断しそうな人が現れたときに自動で表示を調整するというもの、と記事は伝えています。

ただ、いくらかかるんだろ?^^;
これが普及すると街がちょっと楽しくなるかも、ですね。

【関連記事】


【注意喚起】これは怖い!鍵の写真アップはダメ!なぜなら...

ファンなら安い買い物か!?ついにライトセーバー3D版がkickstarterに登場。

ストリート系一発芸!?...バイクな二人。

工程大幅カット...セメント系素材でブロックなど3Dプリント 大林組開発

日本でも導入すればいいのに...アイスランドで3D横断歩道導入





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。