2017年11月30日

すぐ実用できそう...トヨタ開発の第3世代ヒューマノイドロボット「T-HR3」がすごい




重い物を持てるレベルになれば、現場作業が捗りそうです。

【コックピットから遠隔操作タイプ!】


昨日、SoftBankのロボットイベントで、大手建設会社がケンタウルススタイルのロボットをボストン・ダイナミクス社にリクエストした、という記事をお伝えしましたが、Gizmodo日本版でトヨタ製ヒューマノイドロボットというのが紹介されています。

これがなかなかかっこいい。ともあれ、動画をどうぞ。



記事の伝えるところによりますと、
これはあたかも巨大ロボットのコックピットのような「マスター操縦システム」で、オペレーターとシンクロした動きをみせる「パートナーロボット」。VRゴーグルからリアルタイムにロボット視点の映像を見られるので、自分の分身のように動かせるのです。

というシロモノだそうです。

これなら、弊社が関係する土木の現場でも、作業員が危険にさらされることなくロボットちゃんに作業していただけますね。

29箇所に埋め込まれたトルクサーボモジュールというデバイスのおかげで、関節を柔軟に制御するので、複雑な動作をしなやかにしている、と記事は伝えています。

さらにすごいのが、
周囲の人や物などに当たっても、バランスを維持できる「全身協調バランス制御」を実現しているだけでなく、自らがそれらに接触しないよう回避する、「自己干渉回避機能」も搭載

だそうなので、斜面で作業させても、ちょっとした落石ぐらいならへとも思わないで作業を続けてくれそうです。

では、さらに動画をどうぞ。今度のは、かめはめ波からおっぱっぴーな動作まで多彩に動いてくれるようです。




【将来的には災害対応、建設現場も】


記事によると、当面は家庭・医療目的だそうですがその先には災害対応、建設現場、宇宙も視野に入れて開発が続けられるそうです。

昨日から東京ビッグサイトで開催される「2017国際ロボット展」に出展予定だそうなので、勇姿を見れるかもしれませんよ。

これはちょっと見てみたい...

【関連記事】


ヒト入ってますよね??...ボストン・ダイナミクス社のロボットがバク宙を決める。

結果出ました!電力不要のパワードスーツ「EksoVest」でフォード労働者の事故が83%も激減する絶大な効果を発揮

工程大幅カット...セメント系素材でブロックなど3Dプリント 大林組開発

海外人びっくり...見よ!これが日本のソフトクームロボ『やすかわくん』だ!

ヤルッツェブラッキン!って聞こえてきそう...中国で1,069体のロボットが踊る光景


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。