2017年12月01日

相模原の新斎場候補地、台風21号で8箇所土砂崩れ


Photo credit: cogdogblog on Visual hunt / CC BY

※イメージ画像です。

やはり見直しまたは早急な対策が必要なのでは...

【当時、市西部で300ミリ超の大雨】


毎日新聞の伝えるところによりますと、相模原市が新斎場の最終候補地に選定した同市緑区青山の南山(544メートル)中腹にある帝京大学グラウンドの周辺で、先月の台風21号による大雨で、土砂崩れが8カ所起きていたことが分かった、とのことです。

【対策は必要かも。】


同斎場候補は、以前当ブログでも取り上げた場所ですね。

どういう経緯で、なぜここが候補地になってるのか判りませんが土砂災害が発生するような環境なら、補強するなり対策は必要でしょうね。

最近は我々が想像するよりはるかに簡単に300mmの雨量を越えるので、どこなら大丈夫ということはないんしょう。そうなると、対策するしかないですね。

少子高齢化が進んで、これから斎場需要が増える中で、そんな場所が土砂災害が発生しやすいというのも如何なものかと...


【関連記事】


これでも”つむじ風”なのか...相模原市で竜巻並にでかいつむじ風発生。

崩れというより、エグれた感じ?国道1号線で土砂崩れ 静岡県

今週末にも台風のきざし...台風21号の爪痕 その2

安定の堺市ですら冠水被害...台風21号、全国で猛威

12時間雨量400ミリ超で土砂崩れ集中 九州豪雨、九地整が分析

各地で雨の影響ですか?...相模原市緑区の林道でも法面崩落

疑問符いっぱい...新火葬場は土砂災害警戒区域が候補? 相模原市


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。