2017年12月20日

電線直接埋設方式なら安価に...京都で無電柱化実証実験スタート


Photo credit: kushii on VisualHunt / CC BY-ND

※イメージ画像です。

事故発生率とか気になりますね。

【モデルはヨーロッパ。】


京都新聞の伝えるところによりますと、京都市が電柱をなくす「無電柱化事業」として、電線などのケーブルをそのまま地中に埋める実証実験を左京区の東一条通で始めた、とのことです。

大幅なコスト削減を図れる上、狭い道路でも工事が可能になる、ケーブルや路面に支障が出ないことを確認でき、国が本格導入を決めれば、無電柱化を促進できると期待している、と記事は続けています。

工事費が延長1キロ当たり7億〜9億円かかる従来の「管路方式」に比べ、ケーブルをそのまま地中に埋める「直接埋設方式」は、管路方式に比べると費用を7割も削減でき、仏パリ市や英ロンドン市など欧州各都市で直接埋設が採用されている、そうです。

【景観もよくなるし、よいのでは?】


そう言えば、ちょうど一年ぐらい前に無電柱化推進法が参院本会議で可決、成立した、というニュースを取り扱いましたね。その絡みですか??

本工事は今月完了して、来年3月まで実証実験が続けられるようです。
なお、その間、電柱は撤去しないんだとか。

独特の風情もあって、電柱とかぐちゃぐちゃな電線とかも好きなんですが、景観やその他のリスクを考えるとやっぱり空中に電線はないほうがよいですかね^^;

ただ、地震大国日本で地中のケーブルってのは、どうなんでしょうか?
あまり大きな事故とか聞いたこともないような気がしますが...

埋設物を傷つけないで土をほぐすなら、エアースコップをどうぞ。
ほぐした土の撤去にはジェクターを。

【関連記事】


急傾斜、瓦礫の上でも対応可能な、新しい災害対応重作業ロボット、東北大など実証実験開始

地デジ波でゲリラ豪雨予測 NICT開発

日本でサービス開始近しか!?経産省、ドローンで12km先に荷物を届ける実証実験に成功

街鳥ピンチ!?...無電柱化推進法が9日、参院本会議で可決、成立(2016)



(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。