2017年12月19日

近くでリニア工事...県道松川インター大鹿線滝沢トンネル北西側 飯田市


Photo credit: tenugui on Visual Hunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

やっぱ、少なからず影響はあるのでは...

【崩れた斜面の15メートルほど下方で発破による掘削】


信毎Webの伝えるところによりますと、15日午前3時半ごろ、上伊那郡中川村大草の県道松川インター大鹿線滝沢トンネル北西側で、斜面が崩れていると下伊那郡大鹿村役場に連絡があり、県飯田建設事務所が確認したところ、高さ約20メートル、幅約10メートルにわたって斜面が崩れ、片側1車線の県道がふさがれていた、とのことです。

近くではリニア中央新幹線関連の工事車両などが利用するトンネルが掘削中で、JR東海(名古屋市)と同事務所が工事との関係などを調べている、と記事は続けています。

さらに、この続報として、同信毎Webによると、崩落の2時間近く前に掘削のためにトンネル内で発破作業を行っていたが、JR東海は工事自体に問題はなかったとの認識を示した上で、土砂崩落との関連を含め「詳しい原因を調べている」、と伝えています。

【年末だし...けが人無くてよかった。】


15メートルほど下方で発破となると、影響が出てないとは言い切れないのでは??
しかし、理論値で考えるとOKの範囲だったんでしょうけどね。

原因は調査終了後でないと判りませんが、年末年始はあちこち交通量が増えるので注意が必要ですね。
とりあえず、けが人が出て無くてよかったかな、と。

【関連記事】


”テッチャン”じゃなくても、ちょっと欲しい!リアルリニアモーターカーと同じ仕組みで動く『リニアモーターエクスプレス』

相模原の新斎場候補地、台風21号で8箇所土砂崩れ

崩れというより、エグれた感じ?国道1号線で土砂崩れ 静岡県


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:45| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。