2017年12月28日

豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表



※表は、国土交通省の発表資料(PDFファイル)よりキャプチャさせて頂きました。

地球温暖化の影響ですかね...異常気象が常態化してきてますもんね...

【平成 29 年の土砂災害発生件数は 1,467 件】


国土交通省は26日、平成29年の土砂災害発生件数の速報値を公表しました。

詳細は同省のプレスリリース(PDFファイル)をご覧頂ければよいかと思いますが、サイトにきれいにまとめられているので引用させて頂きますと、
1.土砂災害発生件数は、全国で1,467件(過去10年で2番目に多い)。

 4年ぶりに47都道府県全てで土砂災害が発生し、

 死者・行方不明者24名
 負傷者8名
 人家被害694戸

 の甚大な被害が発生。死者・行方不明者数、人家被害数では昨年を上回る結果となった。

 また、都道府県別の土砂災害発生件数をみると、上位5県のうち4県において過去10年で最大の件数を記録した。

2.土石流等・地すべり・がけ崩れのいずれの現象も過去10年の平均発生件数を超える。

 今回の土砂災害を現象別に見ると、

 土石流等305件
 地すべり165件
 がけ崩れ997件

 であり、特に地すべりの発生件数は平成23年、がけ崩れの発生件数は平成28年に次いで過去10年で2番目に大きな値となった。

 また、土砂災害の発生要因別でみると地震を除いた降雨・融雪に起因する土砂災害発生件数が1,462件で過去10年の中で最大を記録。

 土砂災害が発生した箇所については、市町村等が土砂撤去や土のう積み等の応急対策を行うとともに、特に被害が甚大な箇所については都道府県等が緊急的な砂防工事等を実施しています。 


発表資料には、都道府県別の土砂災害発生ランキングも掲載されていますが、個人的には意外な結果でした。
当ブログでも割りと取り上げる回数が多い、と思っていた静岡県は上位5位には入っていませんでした。

【やはり今年は台風の影響が...】


資料にもありますが、やはり今年は台風直撃が大きく影響しているようですね。
あくまでも、速報値なので、詳細な統計データが出てくれば数値は変わるんでしょうけど、減ることはないでしょうから...

地球温暖化で来年も異常気象が増えるという話もあるので、できる対策は早目にしておきたいですね。
ま、どこまで出来るか解らないですが...

居住環境で自分が被害に遭いそうな自然災害を考えて、備えられるモノや事は日頃から準備しておきましょう。

【関連記事】


来年度予算も割当、流木食い止める「土砂透過ダム」拡充 国交省

セーフティークライマーもお忘れなく、災害復旧訓練で無線重機操作 国交省

相模原の新斎場候補地、台風21号で8箇所土砂崩れ

崩れというより、エグれた感じ?国道1号線で土砂崩れ 静岡県

22号は鉄道のり面系被害多し?...続・台風22号による被害

21号の復旧もまだなのに...台風22号で各地被害が...

今週末にも台風のきざし...台風21号の爪痕 その2

安定の堺市ですら冠水被害...台風21号、全国で猛威

梅雨前線に伴う豪雨などによる災害の対策に緊急的に予算支援 国交省


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。