2018年01月16日

これは是非採用すべき!...10うんちで2時間点灯、わんこのうんちを燃料に街灯発電

Photo credit: PJ Nelson on Visualhunt / CC BY-SA

※イメージ画像です。

専用の側溝みたいなのに捨てて、ボタン押せば即エネルギー化されるような仕組みができれば、街もきれいになり電気もまかなえて一石二鳥なんですけどね...

【きっかけはやっぱりマナーの悪い飼い主】


Newsweekの記事によりますと、イギリス・ウスターシャー州に位置する景勝地マルバ―ンヒルズでわんこのうんちで点灯する街灯が設置された、そうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、観光地として知られるマルバ―ンヒルズで観光客がつれてくるわんこの糞害に悩まされており、近隣に住む発明家のブライアン・ハーパー氏がなんとか出来ないかと考え、アメリカ・ボストンの取り組みを参考に同システムを開発した、とのことです。

原理としては、
専用の回収ボックスにフンを入れると、2日以上の時間をかけてメタンガス60%、二酸化炭素40%のバイオガスに変換され、街灯の燃料として使われる。
肝心の燃費は、フン10回分で2時間。

と言うことだそうです。

【節電・節税・景観保護でいいこと尽くめ】


随分前に、専用ボックスに入れたらwifi無料接続してるところがありましたね。
一番はわんこの飼い主がちゃんとモラルを持って対処してくれればなんの問題もないんでしょうけど、悲しいかな自己中な飼い主が多いのも事実。

これでも専用のボックスまで持っていかないとダメなんですが、電力カットで節税につながればちょっとは協力してくれるんじゃないでしょうか?

日本でもこのペットの糞害は結構問題となっているところもあることですし、こういった方法を検討してみてはどうかと思います。


【関連記事】


メキシコ発のWin-Winな企画がすばらしい、『Poo WiFi』(2012)

年末年始に気になったニュース2018 その6

採取簡単な発電物質...二次元物質『グラフェン』で電池いらずになる??

電力を住宅間で融通して光熱費ダウンになる『街』 パナホームが販売


環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。