2018年01月25日

住宅裏ののり面崩落、2世帯7人が公民館へ避難 17日 氷見市

Photo credit: Lainmoon on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

この寒波も影響してるんですかね??

【2世帯が避難】


チューリップテレビの伝えるところによりますと、17日、氷見市で、住宅の裏庭の「のり面」が崩れているのが見つかった、とのことです。

崩落は、高さ5メートル、幅26メートルに及んでいて、2世帯あわせて7人が近くの公民館に自主避難した、けが人は出ていないと記事は続けています。

さらに、現在は土砂の動きはないが、崩落した「のり面」の下には、ほかにも住宅が立ち並んでいることから、氷見市は周辺の住民にも注意を呼びかけている、とのことです。

【造成地の崩落も増えてる??】


ちょっと前に近鉄沿線の住宅の造成地が崩落した事故がありましたが、最近、住宅地付近ののり面崩落のニュースもちょこちょこ見受けられますね。

寒波の影響とかもあるんでしょうか?
大雪になった関東以北では気温が上がったときがまた怖いですね。

【関連記事】


あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害

豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表(2017)

相模原の新斎場候補地、台風21号で8箇所土砂崩れ(2017)


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。