2018年01月29日

効果30%しかないインフルエンザワクチンを打つ理由



TEDよりキャプチャーさせて頂きました。

なるほど...できる人はやったほうがいいですね。

【「集団免疫」という考え方】


Gigazineでインフルエンザワクチンを打つ意味と、ワクチン接種でどういう効果が出るか?を取り上げています。

図表もあったりするので詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、その中で紹介されていたのが『集団免疫』という考え方。

ざっくり要約すると、多くの人がインフルエンザワクチンを接種することで感染拡大が阻止される、という考え方です。

詳しくはTEDでロミーナ・リブスターさんが説明する『集団免疫の力』という動画をご覧頂ければよいかと思います。
動画は15分ほどです。3分半ほどのところからの説明が本題のようです。



【ワクチンが打てない人もいる。】


じゃぁ、強制的に全員ワクチン接種すればいいやん、と思う方もいらっしゃるでしょうが、体質であったり高齢または幼少すぎて打てないという方もいらっしゃいますしね。勿論、経済的な事情もあるでしょう。

パンデミックに拡大することを阻止する、という意味では重要ですね。
今年はA型とB型の流行時期が重なっているので、より被害が大きいようです。
少なくとも手洗い、うがいはうちに帰ったら実行しましょう。
せきが出る人は外出時マスクをお願いします。そして、医者へ。

【関連記事】


再利用可能、洗っても効果持続で3枚300円台のポリウレタンマスクが最強、らしい。

年末年始に気になったニュース2018 その6

少なくとも発症2日は誰かが側に!...やっぱインフルエンザは怖い。(2017)

作業時の安全は十分に...鳥インフル処分穴でのり面崩落 穴新設 岐阜(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。