2018年01月31日

多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?

Photo credit: T.Kambayashi on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。


地震発生には色んな要因があるんでしょうが、一体どれくらいの割合でこの『季節負荷』が影響するのか、気になるところです。

【『季節負荷』というのがあるらしい。】


tocanaにちょっと興味深い記事がアップされています。
タイトルが『【緊急警告】大雪の後に巨大地震が起きやすいことが科学的に判明! 寒波の東京で悪夢の首都直下地震に警戒せよ!』。

少々オーバーな表現ではありますが、内容を見てみるとあながち無視できない内容です。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり説明すると、雪や雨の重みが断層を刺激して地震を引き起こすらしい。この”重み”のことを『季節負荷』と呼ぶらしい。

ではそれは科学的に正しいのか?ということについて、記事では
実は、過去に米カリフォルニア州の巨大活断層(サンアンドレアス断層)で発生した大地震を解析し、それが冬季の雨と雪によって引き起こされたことを突き止めた科学者たちがいる。

と説明しています。

【全くのデマ話ではないでしょうが...】


要因としては十分ありえる要因ではありますが、どれくらいの割合で影響してるのかは、気になるところです。
ちゃんと分析しないとほんとにそれが地震発生の一番の要因かどうかは解らないですしねぇ。

奇しくも本日は月に2回満月を迎えるブルームーン、しかも赤い月なんだそうで、こういった珍しい月のときはなんらかの影響が出ることがありますしね...

がっつり構える必要はないですが、地震が起きたときに対応できる準備は大丈夫か?見直すぐらいはしておいてもよいかもしれません。
自然にチカラは読めませんしね...


【関連記事】


豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表(2017)

漫画みたいだ...韓国 浦項地震で地割れが発生する瞬間(2017)

実証されるまでは難しいかも...地震の前兆音は本当に地震の前兆か?(2017)

気持ち悪ぅ〜...メキシコ地震の最中に起きた奇怪な現象(2017)



(株)ケイエフのモルタル補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。